文学ファイター

飛空艇とは、空を飛ぶ魔法の船。

飛空艇

私は飛空艇の乗組員です。船長とともに今日も大空を旅します。

しかしある日、大嵐に見舞われ船が損傷。空を飛んでいた飛空艇はゆっくりと落ち始めました。このままではヤバい!

慌てる私たち乗組員に、船長が檄を飛ばします。

「慌てるな!船の中の物をすべて捨てて、船体を軽くするんだ!」

さすがは我らが船長。頼れる男です。私たちは、積荷をどんどんと外へ放り投げます。

それでもやはり、船は落ちつづけます。

船長が言います。

「希望を捨てるな!!」

え?と思い、私が言います。

「船長!希望なら、船長の命令通りついさっき外へ捨ててしまいましたが」

私がそう言うと、船長は「らいや!らいや!らーいや!もーう信じらーれーなーいやー!」という謎の呪文を唱えた後、「このお荷物めが!」といって、私を外へ放り捨てました。

このエントリーをはてなブックマークに追加