文学ファイター

ライトノベルを初めて読んだとき、各キャラクターに格好いい別称(ピースメーカーこと高杉太郎!みたいな)があって、「きっとこの別称が後々事件解決の鍵になるんだろう」と思ったら、特に事件と何の関係もなかった。

金に魂を売った男

黒装束の男
「ふっふっふ……。久しぶりだな」

勇者
「お前――!!よくもおめおめと俺たちの前に姿を現せたな!仲間を金で売った人間のクズめ!!」

黒装束の男
「ふん!なんとでも呼ぶがいいさ」

女騎士
「無駄よ!所詮その男は金にタマシイを売った男……略して金タマ男よ!」

黒装束の男改めキンタマ男
「その呼び方だけはやめてもらおうか」

このエントリーをはてなブックマークに追加