文学ファイター

悪魔の証明。

正義カテゴリ・悪カテゴリ

この世には、なんとなくこっちが正義で、なんとなくこっちが悪だよね、っていうのがある。

例えば子供と大人。なんとなく子供が正義で、大人は悪だ。根拠はない。根拠はないけど皆なんとなくわかってくれると思う。

例えば女と男。なんとなく女が正義で、男が悪だ。根拠はない。

例えば熱血と冷血。なんとなく熱血が正義で、冷血は悪だ。根拠はない。

つまり、「大人」「男」「冷血」の3つの悪の要素を持つ私は悪の権化として魔王を名乗っていいのではないだろうか。

そしていつの日か冷血成人男性の私は正義の権化である熱血幼女に倒されるのだ。

……ちょっと待て。熱血幼女っているのか?実在するのか?例えば冷血成人男性は私以外にもたくさんいるであろうことは容易に推察できる。しかし熱血幼女は存在自体が怪しい。

だから世界は悪であふれていて、きっとこの世に正義も熱血幼女も存在しないのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加