文学ファイター

ハッピー。

幸福平等論

あまり不幸を経験したことがない人は、いまある幸せにも気づかない。人生に不幸が多い人は、きちんと幸せの存在にも気づく。

「人間が一生の間に感じられる幸せ度」 = 「実感できた幸せ」 - 「実感した不幸せ」となり、個々人の間での人生に置ける幸福度の差はあまり無いのではないかという説。

このエントリーをはてなブックマークに追加