文学ファイター

会社なんて滅びればいいのに。

なぜ生きるのが辛いのか

なぜ生きるのが辛いのか。もはや怒りすら感じる。だって生きるの辛くない?

今までの人生のほぼ全てにおいて人生が辛かった。そしてきっと、これからの人生のほぼ全ても人生は辛いのだ。人生のクソ野郎が。

そもそも幼稚園に通ってた頃から人生辛かったわ。皆もきっと忘れているだけで、幼稚園・保育園時代から人間関係で苦労してきたわ。間違いない。

学生時代も辛かったわ。そもそも何で学校通わないといけないの?人生バカじゃないの?人生のバーカ!

そして社会人の今も人生つらいわ。そもそも何で働かないといけないの?人生アホじゃないの?人生のアーホ!

そもそもなぜ生きることに「苦痛」が常にペアなのか?付き合ってるのか?お前ら付き合ってるのか?別れろよ!「苦痛」とかロクデモナイ奴や!

いや「苦痛」と共に「幸福」もやってくるならまだ良いよ?例えば働いた後に美女がやさしく私の耳を甘噛みしてくれるならいいよ?美女いないもん。人生さん?美女いないよ?忘れてない?

仕事後の一杯のビールを飲んで「このために働いてる!」って言うけど、それってそもそも仕事という苦痛の後に飲むから幸せ感じるんであって、まずマイナスありきやん。バカじゃないの?

たまの長期休暇で旅行に行って「よし、これでまた働ける」とか言ってる人いるけど頭大丈夫?「よし!1週間幸せを感じたから3ヶ月苦痛を感じられるぞ」って言ってるんだよ?バカじゃないの?

しかし、私だけでなく、きっと皆も生きるのが辛いのだ。怒れる民衆よ、立ち上がれ!今こそ我々は学校に行きたくないし、働きたくもないのだ!

ぐぐったら日本国憲法第13条に幸福追求権というのがあるらしい。知らなかった!マジかよ!幸福を追求する権利!こいつは使える!

なぜ我々は学校をサボるのか!?幸福追求権を行使したからだ!なぜ我々は会社をサボるのか!?幸福追求権を行使しただから!我々は苦痛から逃げていいのだ!だって憲法に幸福を追求する権利があり、そして苦痛をうける義務はないからだ!

人生が何故辛いのか。それはゴールがないからだ。「あなたが生きる目的は『これ』で、『これ』ができればゲームクリアです」っていうのが無いからだ。社会的に「なんとなくこれが正解です」って言われる生き方はあるけど、それが本当に正解か否かは誰にもわからないのだ。だって誰も人生を複数回経験したことがないんだもの。

「人生に正解なんて無い」っていうのは良く言われる話で、私は子供の頃この言葉を聞いて「そりゃそうだろ。当たり前だろ」って思ってたけど、大人になって人生の正解が無いのは問題だということを発見した。正解がないということはゴールがないのだ。ゴールがないということは、攻略ができないのだ。

例えば「高校受験」を例に取ろう。ゴールは高校に受かることだ。「高校受験」は基本的には勉強だけ頑張ればいいのだ。だから私達は勉強は頑張ったけど、この時テーブルマナーは特に頑張っていない。なぜならテーブルマナーは特に受験と関係ないからだ。ダイエットも頑張っていない。なぜならダイエットも受験と関係がないからだ。つまり、どこが頑張るべき点で、どこが頑張らなくても良い点かが明確だった。また、「受験」と一言に言っても、例えば得意科目を伸ばすやり方とか、苦手科目を集中的にやるとか、むしろ苦手科目は捨てて得意科目で点数を伸ばすとか攻略法はいろいろあった。大事なのは、目的を達成することであり、手段はどんな手段をとっても良かった。「推薦」で受験した人もいるだろうし「部活」で受験した人もいるだろう。攻略方法はいろいろあるし、自分が得意な形で、自分にとって楽な方法で目的を達成していいのだ。

しかし、人生にゴールはないのだ。目的は無いのだ。まず、どこが頑張るべき点で、どこが頑張らなくても良い点なのかが明確ではない。だってそもそも人生の目的というのが無いからだ。そして、攻略するための自分なりの楽なやり方というのも存在しない。なぜならゴールがないからだ。

例えば、誰かが人生で頑張らなくてよかった「何か」は、実はあなたの人生にとっては必死で頑張るべき「何か」なのかもしれないし、逆にあなたの人生で取るに足らない「何か」は、誰かが死ぬ気でやらねばならない「何か」なのかもしれない。

つまり、人生でどこで手を抜いていいかわからない。サボっていいかわからない。だから、完璧主義者が精神を病みやすいのは、全てにおいて完璧を目指してしまうからだと思う。全てにおいて完璧にやろうとしたら、それは無理だし精神も病むさ。

で、ここまで書いてあなたに聞くけど「会社で頑張ること」はあなたのゴールなの?あなたは会社で頑張るために生まれたの?違うじゃん?だってそもそも人生にゴールなんて無いんだから、あなたが勝手に「会社で頑張ること」をゴールに設定しただけで、実はそれはゴールでも何でもなくない?

じゃあ、どうすれば辛い人生を攻略できるのか?自分にとっての人生のゴール(目的)を設定するのだ。何をゴールに設定すべきか?それはもちろん憲法も謳っている通り幸福の追求だ。私達は幸せになるために生まれたのだ。個々人で自分の幸福(ゴール)を設定し、そしてその幸福に向けて、人生を攻略するのだ。

例えば私は働かずにだらだらと生きていきたい。問題は「働かずにだらだらと生きていく」というゴールに向けて、私はどこを頑張るべきで、どこを頑張らないべきなのか。

3、4年前に「働きたくないこと」をテーマとしてブログを書いている人がいて、その人のブログをしばらく見ていた。その人は「労働への不満」を本気で記述していて、最終的にその人は仏教に行った。びびった。マジかよ。宗教に行くのかよ、って思った。正確に書くと、その人はお坊さんになったわけじゃなくて、仏教の信者になって、たまに仏教の教えの集まりに参加してた。「清貧」の生活をしていた。会社辞めて、フリーターになって、生きるコストを極力減らして、肩に力の入らない、言うなれば「ラフに生きる」という生き方を選択してた。また、仏教の教えも「ラフに生きること」を訴えているらしく、彼は「仏教いいわー」ってブログに書いてた。昔どこかで仏教はダメ人間のための宗教って聞いたことがある気がする。

私は「働かずにダラダラと生きていきたい」という目的に対して「お金持ちになって働かなくて良い状態を目指す」を狙っているけど、上の彼は私と似たような目的に対して「生きるコストを安くする」という手段を取った。やり方は色々あるのだ。

次に、その目的を達する手段がきちんとあっているか否かが問題だ。

お金持ちになる方法として「トイレを綺麗にする」「長財布を使う」「引き寄せの法則を使う」を使えばお金持ちになれるという話がある。

分かりやすくするためにロールキャベツに例えよう。あなたは今夜ロールキャベツが食べたいのだ。つまり、あなたのゴールは「今夜ロールキャベツを食べること」だ。

ググったところ、ロールキャベツで名を馳せているレストランのコックたちはみんな、トイレを綺麗にしているらしい。よって、あなたはトイレを綺麗にするのだ。これであなたは他に何もしなくても今夜ロールキャベツを食べられる……わけないじゃん。バカなの?

ググったところ、ロールキャベツで名を馳せているレストランのコックたちはみんな、長財布を使っているらしい。よって、あなたは長財布を購入するのだ。これであなたは他に何もしなくても今夜ロールキャベツを食べられる……わけないじゃん。バカなの?

ググったところ、「引き寄せの法則」といって、その事をリアルに想像すると、それが現実になるらしい。よって、あなたは今夜ロールキャベツを食べている自分をリアルに想像するのだ。あのキャベツの甘み……!あの肉汁……!ああ……!これであなたは他に何もしなくても今夜ロールキャベツを食べられる……わけないじゃん。バカなの?

ロールキャベツを食べたいなら、ロールキャベツを提供しているレストランに食べに行くか、もしくは材料を買って自分で作って食べるのだ。努力の方法を間違えてはいけない。

私は努力しているフリなんてしている余裕はないのだ。努力しているつもりなんてしている余裕はないのだ。だってマジで働きたくない。えげつない話をすれば、お金持ちになるには株式投資に手を出すか、不動産投資に手を出すかだ。よって私はバリバリ株式投資をしている。

例えばあなたがお笑い芸人を目指しているとしよう。

あなたがすべきことは、お笑いの勉強をすること……ではない。お笑いの養成学校に入ることだ。お笑いの勉強をすると、ただの面白い人になれるだけで、お笑い芸人になれるわけではないのだ。

女を抱きまくりたいなら、おしゃれになること……ではない。ナンパを頑張ることだ。おしゃれになることはサブ的な努力であり、ナンパすること自体がメインで頑張るべきことだからだ。

ゴールを設定すると、少し生きるのが楽になる。なぜなら、そのゴールはあなたの幸せと直結しているし、ゴールを設定することでどこが頑張るべきことで、どこが頑張らなくて良いことなのかが明確になるからだ。

しかし、私はゴールを設定したけれど、生きるのが辛い。なぜなら「働きたくない」というゴールを目指しているが、今は「株を買うお金を手に入れるために働いている」からだ。なんという利益相反。

ほんとにマジでなんで皆働けるんだ。だって皆小さい頃将来の夢で「サラリーマンになってバリバリ昇進する」って書いたこと無いじゃん?「お花屋さん」とか「ゲーム作る人」とか「漫画家」とか単純なものだったはずだ。私も単純にプログラマーになってみたかったからなってみただけで、もう夢がかなったので、もうこれ以上「プログラマーという職業」に用は無いんだ。

転職しようと思ってリクナビNEXTに登録したけど、一向にピンとくる職業がない。だってそもそも働きたくないんだもの。いや、でも待てよ?確か昔どこかで「人は生きている。ただそれだけで素晴らしい」と聞いたことがあるぞ?つまり、生きているだけでお金をもらえる職業があるのではないだろうか?と思って検索したけど無かった。なんでだよ。人は生きているだけで素晴らしいんじゃないのかよ。詐欺かよ。自殺しちゃうぞコノヤロー。

あなたは人生をぼんやり生きている暇なんて無いのだ。無目的に生きている暇なんて無いのだ。人生は短い。あなたは、えげつなく幸福を狙うべきなのだ。私は最近ゲームとか全然してないけど、子供の頃、例えば敵を倒すゲームの時、ボス戦の時は周りのザコを全員やっつけて、その後じっくり敵のボスを倒すという方法が好きだった。でも、私達が生きている人生はゲームじゃなくてリアルなのだ。最初からボスの心臓をえぐり出すことを狙えるなら、あなたは最初からボスの心臓をえぐり出すべきなのだ。ザコを倒すという行為は、人生には無意味だ。だってあなたの目的はザコを倒すことではなく、ボスを倒すことだからだ。ザコを倒すことに時間を使っていると、ボスを倒す前にあなたの人生の寿命が来る。

幸福をえげつなく追求するのだ。ボスの心臓をえぐり出すのだ。ゴールを設定すれば人生は攻略可能だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加