文学ファイター

まあ、死後の世界がどうなってるか分からないから怖いっていうのはまた別の話ですが。

死ぬのが怖い

私は、ちょっと前まで死ぬのが怖くなかった。

ここで言う「死ぬのが怖くない」は『「殴る蹴るで殺される」とか「悪い病気で苦しみながら死ぬ」とか言うのが怖くない』という意味ではない。そんな死に方私だって嫌だ。そうじゃなくて、「明日死んでも別にいいな」という意味で死ぬのが怖くなかった。明日死んでも特に問題はなかった。なんなら今日死んでも特に問題はなかった。

でも、私は最近煩悩を持っている。私の煩悩とは「お金貯めて会社やめてダラダラと生きていきたい」という煩悩である。コツコツ貯金もしている。で、この煩悩を持つようになって改めて死について考えると死ぬのが怖い。生きているうちにダラダラしたい。

皆「死がなぜ怖いか」について哲学的な理由を探すけど、単純に「生きているうちにやりたいこと/やり残したこと」がある場合に人間は死を恐怖に感じるんだと思う。

例えば夢や目標を持っている人は死ぬのが怖いでしょう。今死ぬと夢や目標が叶わないから。例えば家族や恋人がいる人も死ぬのが怖いでしょう。自分が死んだ後に、残された人が幸せな人生を歩めるか否か心配だから。私の姉も小学生の頃1999年アンゴルモアの大王が来て世界が滅ぶっていう都市伝説を聞いて「まだ死にたくない。青春してないのに!!」ってアンゴルモアにガチギレしてたし。青春してないうちは死にたくなかったのでしょう。つまり死ぬのを怖がるっていうのはまともな神経の人だよ。

でも私はちょっと前まで死ぬのが怖くなかった。ほんの一時期死ぬのが怖くなかったんじゃなくて、数年単位で死ぬのが怖くなかった。特に夢も目標も持ってなかった。恋人も友達もいない。家族はいるし、仲はいいけど特に死ぬのを拒否するほどの理由にはならなかった。なんか最近「日本の若者は元気がない、やる気がない」とか言われて久しいけど、私はそこら辺の"エセやる気ない若者"ではなく、"ガチやる気ない若者"だった。どれくらいガチだったかというと、明日死んでも別にいいくらいにガチだった。

ブッダさんが「煩悩良くないよー。煩悩捨てると死も怖くないよー」って言っていたのは、多分裏に哲学的な意味があるんじゃなくて本当にそのまんまの意味だったんだと思う。多分ブッダさんは人類で初めて「欲がないと死ぬのも怖くないな」っていうことを発見したんだと思う。

そして私も二十代で自力で発見した。発見したというか、事実死が怖くなかった。つまり私はブッダの生まれ変わり「ブッダ・リターンズ」なんだと思う。でも、それにしては最近煩悩持って死が怖くなってしまってる。つまりブッダより劣化してる。そう言えば映画の三部作でも初回が一番良くて、二番目がそこそこ良くて、三番目が全くダメだという法則がある。つまり、私はブッダの三回目の生まれ変わり「サード・ブッダ」なのだと思う。

「私は多分3人目だと思うから」

ごめん。このセリフが言いたかっただけ。知らない人はこのセリフでググってね。エヴァンゲリオン面白いよ、エヴァ。今度金曜ロードショーであるんだよね。多分仕事で見れないから親に録画してもらおう。

というわけで、死への恐怖を克服する方法を教えるよ。まず、夢と目標を全て捨てよう。そして恋人と別れよう。友達も作るな。誰も心から信じるな。

どう?孤独になった?すると、あら不思議、死ぬのが怖くない!!

冗談だよ。上記は私くらいしか出来ないよ。まともな方法を教えるよ。要するに、人生にやり残したことがなければ死ぬのは怖くないんだよ。

生きているうちにやりたいことをすべてやるんだ。興味持ってることをすべてやるんだ。夢も目標も、叶わなくてもいいから悔いが残らないくらいにそれに向かって努力するんだ。自分が死んでも残された家族が大丈夫なくらいに貯金を残しておくんだ。自分が生きているうちに伝えておきたいことは全て家族や恋人や友だちに伝えておくんだ。言っても気がすまないなら文章で残せ。遺言でも書け。相続争いが起きそうだったらむしろ金を募金して程よい感じの遺産にしておけ。もういつ死んでもやり残したことがない状態にしておけ。

ここで勘違いしないで欲しいのは、「世間的に人間はそれをやりたがるだろう」っていうことをやるんじゃなくて「自分が本当にやりたいことをやる」っていうのが大事だ。旅行いきまくりたい人は旅行行けばいいけど、旅行いきたいわけでもないのに旅行に行くのは間違ってる。TVゲームやりまくりたいならTVゲームやりまくっていいよ。アイドル追いかけたいならアイドル追いかければいいよ。SEXしまくりたいなら風俗行けばいいよ。後悔しない人生を送りたいなら他人の目なんて気にするな。

死への恐怖を克服するのに神様を信じる必要なんて全然ないよ。自分の人生に納得できれば死の恐怖なんて克服できるよ。

多分、やりたいことを全て生きているうちにやって、あとはもう思い残すことは何もない、っていう状態にして死ぬことを人は大往生っていうんだよ。

つまり私もダラダラ生きれさえすれば大往生だよ。何か間違ってる気がするけど理屈から言えばそういうことだよ。

多分私は今死んだら「くそっ!!せっかく生きてるうちにだらだらしようと思ってたのに!こうなったら天国でだらだらしてやる!!」ってなって天国でだらだらすることになると思う。そういう意味では、今もそれ程死ぬのは怖くない。ということはタイトルに偽りありだな。まあいいや。

このエントリーをはてなブックマークに追加