文学ファイター

私に彼女ができないのはお前のせいだ。

お前らもっと他人のせいにしろよ

最近、会社でのダメ人間としての地位を確立しすぎていてクビになりそうで怖い。クビになるなら35歳くらいでクビになりたい。貯金的な意味で。

世の中には「何でも他人のせいにする人」と「何でも自分の責任に感じる人」がいます。そして、どう考えても「何でも他人のせいにする人」は嫌な奴です。結果、割合としては「何でも自分の責任に感じる人」の方が多いです。

きっと、この文章を読んでいる方の中にも、何でも自分の責任に感じる人がそこそこの割合でいるでしょう。

あなたのバランスは崩れている。日本には、何でもかんでも「自分の責任」に感じる人が多すぎる。問題があるレベルで。

結果、日本の自殺率は先進国の中でトップクラスです。いや、どう考えても責任を感じすぎだよ。もっと他人のせいにしなよ。

例えば、あなたがいじめられる理由は、あなたが大人に相談できないせいじゃなくて、いじめっ子のせいだよ。あなたがブサイクなせいでもなく、あなたの歩き方が変なせいでもなく、あなたの喋り方が変なせいでもなく、あなたが運動できないせいでもなく、いじめっ子のせいだよ。

例えば、あなたが仕事ができなくていっぱいいっぱいなのは上司のせいだよ。上司には、あなたが仕事ができないことを計算に入れて、人を入れたり、アドバイスをしたりする義務があるのに、何もせずあなたのマンパワーのみで問題に対処しようとしているのなら、それはあなたのせいではなく、上司のせいだよ。

あなたに生活できるかできないかのギリギリの貯金しか無く、常に生きるのに必死なら、それは国のせいだよ。日本国憲法第25条に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」ってあるのに、それができないのなら、それは国のせいだよ。

例えばあなたの会社のチームがパフォーマンスを出せないなら、それはチームリーダーのあなたのせいではなく、田中のせいだよ。チームで一番ダメ人間の田中のせいだよ。すなわち、私のせいだよ。あなたには、もっと私のせいにする権利がある。もっと私のせいにしなよ。

皆、多分自分のことを「ダメ人間」だと思いすぎてるんだよ。あなたがいじめられるのはあなたがダメ人間なせいじゃないし、あなたが仕事ができないのはあなたがダメ人間なせいじゃないし、あなたが貧乏なのはあなたがダメ人間なせいじゃないし、あなたのチームがパフォーマンスをだせないのは真のダメ人間の私のせいだよ。

ところで真のダメ人間である私だって、他人のせいにしていることがあるよ。

それは「私が今働かないといけないのは親世代のせいだ」ってことだ。

いやいやだって、子供の頃に何かの本で見たもの。「君たちが大人になる頃には、仕事は全部ロボットがやるようになって、働く必要が無くなっているかもしれません」って。

もっと親世代本気出せよ!!お前ら、働きたくないだろ!?俺だって働きたくないよ!もっと皆で働かなくていい方向に努力しろよ!!なに皆で一所懸命働いちゃってるの?馬鹿じゃないの?

ソフトバンクの孫さんがペッパーっていう名前のロボットをドヤ顔で発表したけど、遅いよ!もっと私が中学生の頃くらいに出せよ!もっとロボットをバンバン出して改造して、私が大人になる前に働かなくてもいい状況にしておけよ!

人間は働き過ぎだよ!もっとお前ら真面目に人生をサボれよ!人間は暇な方が文化・文明が発展するんだよ!古代ギリシアは奴隷をめっちゃ酷使して働かせて、暇を持て余したギリシア人は政治とか学問とか当時としてはありえないレベルで発展させたけど、商業が発展して皆忙しくなりだした途端に、バカになったんだよ。ギリシア時代には地球は丸いことが分かってたのに、中世ヨーロッパになった途端に「地球が丸いわけがない」とか言い出しやがった。

昔の学問の偉人とか天才とかを調べなよ!皆金持ちだったり、金持ちに養ってもらったりしてるよ!生活のために働く必要がなかった!つまり、暇だったんだよ!あいつら暇すぎて暇つぶしに勉強、研究、修行して科学やら文学やら芸術を発展させたんだよ!暇は正義!!

なのにお前ら、何働いちゃってるの?馬鹿じゃないの?そのうち私達「地球は☆という形ではなく、◯という形だから、実は地球は星ではないかもしれない」とか馬鹿なことを言い出すかもしれないよ?だって私達働いちゃってるから。馬鹿まっしぐらだから。

なんか前にネットで「なんで国会中継を昼にやってんだよ!社会人は国会中継見れないじゃん!」っていう書き込みを見たけど、そもそも働いているのがおかしいんだよ。多分、ギリシア人とかは皆働いていなかったから皆暇つぶしに政治を見に行ってたんだよ。だから政治もまともに機能してたんだよ。

働いたら馬鹿になるのに、大人たちは皆働くことに疑問を持っていないんだ。そう、すでに彼らは馬鹿になっているんだ。あいつら「どの職業に付きたいか」に関しては考えるけど「そもそも働きたくない」については考えないんだ。

そして今、この文章を読んでいる子供の中には衝撃を受けている子もいるだろう。「え!?ということは、僕が大人になるころも、まだロボットじゃなくて僕自身が働かないといけないの!?」と。そうなんだ。親世代には、働きたくないことに関して真面目に考えて実行に移している人はいないんだ。もう既に皆馬鹿になってしまっているんだ。

だが、待ってほしい。確かに私が子供の頃、真面目に働きたくないことに関して考えてくれる大人はいなかった。しかし、今の子供である君たちの前には、大人である私がいる。私は真面目に働きたくないし、皆も働かなければいいのに、と思っている。そう、君たちの希望の星が私なのだ。私が人生をかけて皆働かなくていいようにしよう。

せっかくなので、以下に私の人生計画を書いておこう。

まず、35歳までに株で2億円を稼いで会社をやめる。2億円も稼げば会社をやめても生きていけるだろう。そして、35歳〜36歳で一人暮らしに向けて、親に炊事と洗濯を教わる。私は一人だと何もできない。タクシーに一人で乗ったことも人生で一度しか無い。びっくりしたね。タクシー運転手、私に話しかけてくるんだもの。ほんとマジびっくりしたね。一人で飛行機にも乗れない。一人で宿にも泊まれない。あと、私には兄弟がいるんだけど、だれもおふくろの味というのを継承していないはず。私が我が家のおふくろの味というのを継承しようと思う。しかし、大学から一人暮らしする人はすげぇな。よく炊事洗濯できるな。天才か?

36までに一人暮らしの練習をしながら、仕事をやめた開放感を胸にうだうだ生きていきつつ、株で5000万円を稼ぐ。2億稼げたんだから、一年で5000万円稼ぐことも、きっと可能。

36歳になったら稼いだ5000万円で一人暮らし用の家かマンションを買う。なぜなら無職だから、きっと部屋を借りられないから。だから買う。現ナマで。

36歳から37歳で、私の全勢力をかけて彼女を作り、結婚までもっていく。子供は二人欲しい。

また、36歳から彼女を作ると同時に起業もする。

ちなみに、企業にはビジョン・ミッション・バリューがあると良い、という話をよく聞く。今のところ、ビジョンとミッションとバリューは以下のように考えている。

ビジョン……誰も働かなくていい世界を作る。

ミッション……働かなくても衣食住が保証されるシステムを作る。

バリュー……できるだけ働かずにこのミッションを達成し、ビジョンを実現する。

多分、このビジョン・ミッション・バリューに共感してくれる優秀な人がたくさん集まるので、皆で程々に働きながら誰も働かなくていい世界を実現する。

45歳以上〜……誰も働かなくていい世界を作ったことでノーベル平和賞を取る。

50歳以上〜……世界長者番付1位。

今のところの人生計画はこんな感じです。皆、この人生計画を見れば分かると思うけど、極めて堅実で現実的な人生計画だと思う。

どこが堅実で現実的な人生計画なのか。説明しよう。

今、とりあえず2億円を目指して努力してるところなんだけど、お金持ちになる方法をググりまくってたら引き寄せの法則、っていう法則に出会ってね。なんか「想像していたらそれが現実になる」っていう怪しい法則なのよ。でも、これをするために、どこかにお金を払わないといけないわけでもないし、宗教に入らないといけないわけでもないの。お金持ちになった状態を想像しているだけで、お金持ちになれるんだから、なにこれお得!

ただ、確かに怪しいよね。私も怪しいと思ったんですよ。だから、なにか裏付けがほしいな、と思って。何か引き寄せの法則に関していい本無いかなと思って。で「思考は現実化する」っていうナポレオン・ヒルさんが書いた有名な本が上下巻の文庫本になってたのを見つけましてね。上下巻ともに買いましたね。読みましたね。

なんか、本の最初の10ページは、この本の素晴らしさと、ナポレオン・ヒルさんが主催するセミナーがいかに素晴らしいかが書かれてるのね。もちろん、この本を書いた人も商売だから、セミナーの宣伝もするでしょう。

10ページから20ページにも、この本の素晴らしさと、ナポレオン・ヒルさんが主催するセミナーがいかに素晴らしいかが書かれてるのね。

20ページから30ページにも、この本の素晴らしさと、ナポレオン・ヒルさんが主催するセミナーがいかに素晴らしいかが書かれてるのね。

で、31ページに進もうとしたその時、私にある恐ろしい異変が起きました。

飽きた。

読むのをやめた。

いや、お前、わし別にセミナーの素晴らしさを知りたくて本を買ったわけじゃないよ。思考が現実化する理屈と結論を書けよ。ってか、まず結論書けよ。それから、その結論に至る道筋を書けよ。長ぇよ。無駄話長すぎるよ。多分、この本を書いた人はこの本を読んで欲しくて本を書いたんだろうけど、現実化してないよ。私30ページしか読んでないもん。

そして本を閉じた時、私は全てを悟ったのだ。あ、この人、ちゃんと結論から書いてる、と。そう、結論は本のタイトルに書いているのだ。「思考は現実化する」と。そして、この本を書いた人の思考は現実化したのだ。この人は恐らく「本が読まれる」と思考したのではない。「本が売れる」と思考したのだ。そして、事実私は、本のタイトルを見て結論が分かってるのに、わざわざお金を払って買ってしまったのだ。上巻ならず、下巻までもを……!!

もう私は「本を読んで思考は現実化するということを知った」と言っていい状態ではないだろうか。だって30ページ読んだもの。結論はタイトルに書いているもの。ちなみに本文のどこに理論と結論が書いてあるかは知らない。理論はわからないが、結論は分かった。

ちなみに、実はタイトルはナポレオン・ヒルさんの高度な情報戦で、本文の中に「実は思考が現実化するわけ無いじゃん。バーカバーカ」とか書かれてたら、もはや敗北を認めざるを得ない。でも、今までナポレオン・ヒルさんがタイトル詐欺罪で訴えられたことがないから、私は信じる。信じるぞ!ナポレオン!

更に、本屋で立ち読みした別の自己啓発本に「ノートにメモしたことは実現する」っていうのがあった。おそらく大事なのは、ノートに書くこと、というより、文字として目に見える形にすることだと思う。私は上に目に見える形に書いた。

つまり、思考は現実化するし、文字にしたことで実現するのだ。もう私は2億稼ぐし、5000万円で家を買うし、彼女もできるし、社長にもなるし、ノーベル賞も取るし、世界一のお金持ちになるのだ。これは決定事項なのだ。

っていうか、その気になれば2億円じゃなくて5億円とか10億円とか書いて現実化することもできた。でも、遠慮したんだよ。「いえいえ、私はとりあえず35歳の段階では2億円で結構です」って遠慮したんだよ。奥ゆかしいな、私。世界一の富豪になるのも、もうちょっと若い頃でも良かったけど遠慮して50歳以降だし。

上記を見て「この人、ダメ人間だな」って思ったあなた。そうだよ、これがダメ人間だよ。あなたはダメ人間じゃないよ。だから、あなたはもっと他人のせいにしていいんだよ。

誰のせいにしていいかわからない問題があれば、もう私のせいにしていいよ。あなたが受験に失敗したのも私のせいだし、彼女ができないのも私のせいだし、就職できないのも私のせいだし、禁煙できないのも私のせいだし、道でコケたのも私のせいだし、戦争が無くならないのも私のせいだし、生まれてきたくないのに生まれてきてしまったのも私のせいだよ。

どんなに私のせいにされても、私はどうせ最終的に世界一のお金持ちになるから全然気にしないよ。

だから、もうちょっとちゃんと他人のせいにしな。

このエントリーをはてなブックマークに追加