文学ファイター

立って歩け。前へ進め。あんたには帰る家があるじゃないか。

カリスマ美容師

カリスマ美容師
仮の住まい、すなわち賃貸に住んでいる美容師。自立心が強いとして民衆から広く尊敬されている。

ジッカ美容師
実家に住んでいる美容師。自立心が弱いとして民衆から蔑まれている。だが家賃がかからない分、貯金額はカリスマ美容師よりはるかに多い。

ワガヤ美容師
遂にマイホームを買った美容師。自立心より更に強力……独立心が強いとして、民衆からは神として崇められている。だが住宅ローンがあるため、実際の貯金額は3種の美容師の中で一番少ない。

このように「貯金額」と「民衆からの尊敬」はトレードオフの関係です。

「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる。それが、美容業界における等価交換の原則だ。その頃僕らは、それが世界の真実だと信じていた」 - 鋼の錬金美容師の言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加