文学ファイター

ググったけどキョロちゃん第二期の情報がない……。確か相撲の小錦が声優をやるというような話だったと思うんだけどな。記憶違いかな。

我が人生観

「人生は死ぬまでの暇つぶし」という人生観はそこそこ有名である。あるアニメのキャラクターのセリフという噂も聞いたことがあるけれど、真相は不明である。ちなみに私の人生観は「人生は死ぬまでの思い出作り」である。「『暇つぶし』とどこが違うんだ?」と言われるかもしれないので、今回は例をあげて私の人生観を話してみようと思う。

人生とは、温泉旅行である。『あなたがこの世に生まれる』という状況は『温泉旅館に遊びに来た』と同義である。この温泉旅館最大の目玉は大衆浴場である。そこからの景色は絶景で、「この温泉旅館に来たならば、当然入るべき温泉」なのである。この温泉に入らずして旅行から帰ったら、きっと皆から言われるだろう。「えぇっ!?折角あの温泉旅館に行ったのに、あの大衆浴場に入らなかったの!?マジで!?もったいねぇ!!」。この大衆浴場に入るという行為は、『結婚する』と同義である。つまり、私達は結婚せずに人生を全うすると、きっとあの世で皆に言われるのだ。「えぇっ!?折角生きてたのに、結婚しなかったの!?マジで!?もったいねぇ!!」。うるせぇ黙れ。

残念ながら私は大衆浴場に入る予定はない。なぜなら皆と一緒に裸のつきあいというのが嫌だからである。そう、現代っ子なのだ!!そして、確かにこの温泉旅館の目玉は大衆浴場だが、別に無理して入らなくても良いのだ。宿泊している個室にも、小さな温泉がついていて、一人で入れるのだ。さすが有名高級旅館!それ以外にも砂風呂やサウナやマッサージ器、卓球台、ゲームセンターもあるのだ。

そして、別に温泉旅館の中にいないといけないわけではなく、温泉旅館の外に出ても良いのだ。ここに温泉旅館があるということは、ここら一帯は観光地なのだ。近くに美術館もあれば映画館もあるし、おしゃれなカフェもあるし、ショッピングモールもあるし、商店街もあるし、寺も神社も教会もあるし、高級レストランもあるし、遊園地も動物園も自然公園もなんだってあるのだ。

せっかく旅行に来たのだから、私達は楽しまなければなるまい。私は大衆浴場には入る予定はないが、個室に付いている温泉は入るし、マッサージもしてもらうし、ゲーセンでちょっとゲームもするし、せっかくだから美術館や動物園も行きたいし、商店街をぶらついてみたいし、自然公園で日がな一日ぼーっと過ごしたいさ。だって旅行やで!?

ここらへんの比喩がつまり人生経験のことで、せっかく生まれたからには色々と経験しないともったいないよね、っていうのが私の人生観だ。なぜこんな人生観を持っているかというと、それはきっと私が「人生経験コンプレックス」だからだ。人生経験が薄いのだ。何も経験してない。ヘルプ!

人間は基本的には特に理由もなく生を受けると思う。今まで生まれてきて神の啓示を受けたことある?無いでしょ?そして、私の人生観は当たりではないかもしれないけども、そこそこ外れてもいないと思う。せっかく旅行に来たからには楽しまないともったいない。せっかく生まれてきたからには、色々経験しないともったいない。色々楽しまないともったいない。

しかし、ごく少数の選ばれし人間だけが、幼い頃から自分が生まれた理由を知っているのだ。愚かな人間どもよ、正直に告白しよう。私は既に神の啓示を受けている。いや、正確には神の言葉は聞いたことは無いけども、私が何のために生まれたのかは小さい頃から知っていた。

私は幼児の頃「自分は眠るために生まれたのだ」と知っていた。私は小中学生の頃「自分は家でゴロゴロするために生まれたのだ」と知っていた。私が高校、大学生の頃「自分は家でグダグダするために生まれたのだ」と知っていた。お分かりだろうか。私は幼い頃から終始一貫して自分が何のために生まれたのかを知っていたのだ。私は家でゴロゴロぐだぐだダラダラする為に生まれたのだ。そのために神は私をこの世にお使いになったのだ。

きっと、私のように自分が何のために生まれたかを知っている人もいるだろう。「どんぐりを拾うために生まれた」「蚊を殲滅するために生まれた」「完璧な泥団子を作るために生まれた」――そう、これは各々に課せられた使命である。

しかし、残念ながら今私はゴロゴロぐだぐだダラダラ生きれていない。このままだと地獄に落ちてしまう。使命を全うできていないからだ。真面目に働いてしまっているからだ。

いや、今働いている会社も詐欺だぜ?わし、温泉旅館ウロウロしてたら、卓球台見つけたのよ。温泉と言ったら卓球じゃん?まあ、せっかくだからちょっと卓球しようかな、って卓球し続けてもう5年。プログラマーで働き続けてもう5年。あれ?卓球ってこんな5年間もやり続けるものだった?最近、毎朝卓球の為に起きて、卓球し続けて、帰って寝るだけの生活が続いてるけど旅行ってこういうものだったっけ?ワシ別に卓球マスターになろうと思って卓球はじめたわけじゃないのよ。プログラマー極めようと思ってプログラマーになったわけじゃないのよ。「ちょっと面白そうだな」と思ってちょっとやってみた所、なんか気がついたらもう5年。なに?皆キャリアを考えつつ卓球始めたり、キャリアを考えつつゲーセン通ったり、キャリアを考えつつ動物園通ったりするの?しかも、一度通い始めると、なかなか辞めにくい上に、もうそれに関すること以外の職業には就きにくいの?なんでそんなしち面倒クサイことになってるの?だってこれ旅行やで?「面白そうだから」が理由で何かを始めると、もう他のことは始められないの?だってこれ旅行やで?

しかも最近会社が私をレベルアップさせようとしてきてるんだけど、いや、ワシ別に特に人間的にレベルアップするつもりないんやけど。だってこれ旅行やで?修行に来たんやないんやで?人間的にレベルアップしてもいいけど、しなくてもええやん。だって旅行やで?しかも、ここでレベルアップして卓球グランドマスターの資格を得ると、ますます卓球をやめられないんやろ?何考えてんの?だってこれ旅行やで?ワシ、美術館行ってみたいし、オシャレカフェ見てみたいし、動物園も行ってみたいわ。ラクダがいるらしいで?ラクダやで?

と思って、ちょっと転職活動を始めてみたりしたんだけど、あれやね。IT系は引く手あまたやね。卓球使いは引く手あまたやね。卓球大会が盛んなんやろか?でも、わし一回卓球辞めたいんやけど。となると途端に「未経験者はー」「年齢がー」ってなるんやけど。なに?皆人生で一度ゴリラの餌やり体験コーナーに通い出したら、もうずっとゴリラの餌やりやり続けるの?飽きへんの?ずっとゴリラと?マジで?ウホホ?

100歩譲ってIT系で働き続けるのは良いけども長期休みが全くないやん。学生の頃、夏休みとか1ヶ月くらい休みあったで?なんで社会人になった途端夏休みが1ヶ月取れなくなるの?なんなの?私、旅行を楽しむために来ただけで、卓球を極めるために旅行に来たんやないんやけど。

あれは、私が大学を卒業して専門学校に通い、学生時代最後の夏休み。いや、最後から二番目の夏休みだったかもしれない。テレビドラマで言えば新垣結衣が舘ひろしと体が入れ替わってたり、玉木宏と綾瀬はるかと多部未華子が鹿の使いになってなんやかんやしてたりした頃。私は「もう学生時代最後の夏休みだなー」と鬱屈とした思いで夏休みを過ごしていたね。で、基本的に家でゴロゴロしてたんだけど、たまにふとテレビとかつけてみたりすると、よくキョロちゃんのアニメがやっててね。そうそう、チョコボールのキョロちゃん。別に積極的にキョロちゃんのアニメを見ようとしてたわけじゃなくて何か偶然、よくアニメのキョロちゃんが始まる時間と私がなんとなくテレビをつけるタイミングがリンクしててね。

キョロちゃんのアニメがなかなか面白くてね。ググってもらえば分かると思うけど、全然萌えアニメとかじゃなくて、純粋な子供向けアニメでね。私は純粋な子供向けアニメを純粋に楽しんでたね。24歳だったけど。友達がいない私はキョロちゃんを通じて友情の大切さや、勇気の大切さを教えてもらえたね。

で、学生期間も終わって、就職活動もなんとか無事に終了し、社会人一年目。あれは8月くらいだったかな。事件は起きたね。

キョロちゃんアニメ。第二シーズン開始!

メロスは激怒した。私も激怒した。私、社会人だったからキョロちゃんを見られないのよ。なぜキョロちゃんを見られないのか!?メロスには政治がわからぬ。私には社会がわからぬ。

私はこの時初めて理解したね。ルールが変わったのだと。学生の頃、夏休みというのは与えられるものなのだと。社会人になると、夏休みというのは奪い取るものなのだと。なんせ社会人だぜ?大人だぜ?学生と違ってあらゆる手段をとって良いんだぜ?きっと頭が良ければ働かずに食っていけることも出来るのだろう。

でもこれって本当に私だけの問題だろうか?私が将来的に何らかの手段を用いて、働かずとも食べていける状態になったとしよう。しかしこれは私個人の問題を解決しただけである。私以外にも、世の中にはきっといるのだ。社会人になって初めてルールが変わったことに気づく人たちが。社会人になってキョロちゃんが見れないことにようやく気づく人たちが。

まず言いたいことは、時代が時代に追いついてないよね。もう21世紀なんだから、働かなくても良い状態にしておけよ、ってことだよ。だって多分500年後くらいには皆働かずとも生きていける状態になってるぜ?もっと私が大人になる前に時代を動かしとけよ。未来人に「まだ働いてるの?バカじゃね?」って言われるよ?

とか言うと、どうせお前は「いや、まだそんな未来じゃないから。未来人の価値観で語られても……」とか思うのでしょう。現代人にそれを言う権利あるの?現代人だって現代人の価値観で過去を語ってるじゃないか。例えばサムライとか。たまに「人斬りをしないサムライ」とかがテーマで歴史ドラマとかあるけど、当時のサムライに言わせれば「いや、人斬って名を挙げてなんぼでしょ?なにサボってるの?」って話ですよ。

たまに「反戦を主張する人」がテーマで戦争ドラマとかやるけど、当時の歴史だと、むしろ民衆は日本が負けるわけがないから戦争どんとこいだからね?あの時代に反戦主張したら「じゃあ、お前日本が外国に占領されて良いのか?」って言われるよ。これにどう回答するの?

現代人は現代人の価値観でバンバン過去を語るから、じゃあ私だって未来人の価値観で現代をバンバン語る権利あるわ。「もっと働かないように努力しろよ」!!

あともう一つ。皆、ルールを守ってないよね?私どちらかというとルールを守る人間なのよ。横断歩道で、車が全く来ておらず、人も全くいなくても、信号が赤だったら青になるのを待つのよ。そんな規則守り人間の私に言わせると、皆ルールを守ってない。

忘れてるんなら言わせてもらうけど、私達って資本主義の国に住んでるのよ。資本主義のルール知ってる?「いかに楽(効率的)に大金を稼ぐか」だよ。皆、ちゃんとどれだけ楽にお金を稼ぐかを考えてないじゃん。「いかに真面目に生きていくか」しか考えてないじゃん。資本主義のルール守ってないよね?そりゃデフレにもなるわ!

社会主義の国なら分かるよ?皆、公平平等を目指す国だったら、皆等しく真面目に働けば、それはルールに則ってるね、って納得するわ。

でも資本主義やで?ちゃんと「どれだけ楽に出来るか」を意識してる?してないでしょ?資本主義って「いかに楽できるか」を競うルールじゃん。歩くの面倒くさいから、自転車、自動車、電車、新幹線、飛行機を発明したやん。手紙届けるの面倒くさいから電話、メール、チャット、LINE、Twitter、Facebookを発明したやん。これ、仮に、私達が「いかに真面目に生きていくか」という民族だった場合を想像してみ?自転車使おうとしたら「何ズルしようとしてるんや!ちゃんと自分の足で歩きなさい!」って怒られて、移動手段が発達しないんやで?メールしようとしたら「何ズルしようとしてるんや!メールには人の心がこもってない!」って怒られて、伝達手段が発達しないんやで?クソやろ?

もちろん、現代も色々発達したで?奥様の掃除は掃除機が。洗濯は洗濯機が。食器洗いは食器洗い機が、奥様をサポートしてるやん。旦那さんの方はどうなんや。あと残ってる「解決しないといけない楽しないといけない事って何?」って言われたら、労働やろ?労働しないと生きていけないとか。原始時代かよ。時代おくれすぎやろ。日本が先進国とか。自称か?

これを主張すると皆「いやいや、真面目に働かないと、そもそも私達給料をもらって生きていくことが出来ないじゃん」っていうかもしれないけど、ちがうで。あなた達は間違っとる。日本人の悪いところや。「一度ルールを決められると、そのルールに最適化した行動を取る」日本人の悪い癖や。ルールそのものを疑えよ。今、社会が持続可能なルールになってるか?社会が持続可能なルールになってるなら、なぜブラック企業に務めている人は会社をやめられないの?なぜ学校でいじめられている子は学校をやめられないの?そして皆死にゆくの?だってこれ旅行やで?

事実このルールに適合できずに死んでいく人がいるってことは、このルールがそもそも間違っているのだ。どこが間違ってるかって?気を抜くと、生きていくことが保証されていないことだよ。

子供が例えいじめられていても学校に通わないといけない理由は、社会に出た場合に学校で学んだ知識はあるという前提で物事が進むからだよ。ブラック企業をやめられないのは、やめて再就職が出来なかった場合は生きていけないからだよ。つまり、最悪な環境から逃げた場合に生きていけることが保証されないからだよ。

「社会的弱者は、最低の人生を送るか、もしくは死ね」って国が自称「先進国」とか。お笑いか!だってこれ旅行やで?

別に働かなくても楽しく生きていけるように、とまでは言わないけど、最低限の生活を保証してやれよ。お金じゃなくて、モノそのものを支給でいいから。一日二食でもいいから。だってこれ旅行やで?

最低限の生活を保証されて、人は初めて人生を楽しめるじゃん。「最悪貧乏生活できるな」ってことで、いじめられっ子は学校を退学できるし、ブラック企業から人は脱出できるのだ。で、最低限の生活が保証されているから、落ち着いて今後の人生戦略も立てられるじゃん。いじめられっ子も「バイトしようかな」って思うし、ブラック企業脱出者も「落ち着いて転職活動してみようかな」ってなるんだよ。中にはリスクとって投資活動したり起業活動したりもするでしょう。だって最低限の生活は保証されているんだから。

私達って人生を楽しむ前に、そもそも生きていくために頑張らないといけないんだよね。つまり、油断してると、「生きるために生き、そして死ぬ」んだよ。あの世で皆に「人生どうだった?」って聞かれたら「生きるために生きたよ」って回答するんだよ。美術館や動物園行ってないのかよ。オシャレカフェや映画館は行ってないのかよ。神社やお寺も回ってないのかよ。だって今21世紀やで?原始時代や無いんやで?

この「生きるために生きる」人生を攻略するには、攻略したい個人がそれぞれかなりのリスクを背負わないといけないけど、そもそもかなりのリスクを背負わないといけないところがまず変や。だってこれ旅行やで?で、一か八かで失敗したら死ぬんやで?旅行でやで?で、仮に個人が成功したとしても、社会の大部分は働かないといけない状況に変わりはないんやで?リスクを取らなかったんやから仕方ないやろ、って言えるといえば言えるけど、でもこれ旅行やで?皆、旅行に来たんやで?楽しみに来たんやで?皆それぞれ卓球マスターとか乗馬マスターとかおしゃれカフェアドバイザーとかで能力を発揮してるけど、でもこれ旅行やで?修行しに来たんちゃうで?21世紀やで?戦国時代でもないんやで?資本主義社会やで?いかに楽に稼げるかやで?

わしら先進国に住む日本人の使命は「どれだけ楽しく生きられるか」やで。だって「先進国」やで?先に進む国やで?未来の国やで?未来想像してみ?未来も皆生きるために働いているのなら、未来に絶望しか無いやん。未来の人々は働くことはmustや無くて、食料は全部国から支給されていて、皆楽しく生きている、って聞いたら羨ましいやろ?未来は羨ましい方向に進むんやで?バブル時代は皆、車を持つことに憧れたけど、現代の私達は働かないことに憧れるべきなんや!だって折角生まれたのに「生きるために生きる」って生まれた意味なくね?折角旅行に来たのに「卓球マスターになるために毎日卓球する」とかなったら旅行に来た意味なくね?

我々人類はもっと温泉旅行を楽しむ権利がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加