文学ファイター

就職説明会初体験でした。

あなたは箱に何をいれますか?

就職活動中です。元気です。先日、ある企業の説明会へいきました。
「我々はIT企業です。IT企業は世界へ羽ばたかなければなりません」
と言うような話をされました。

「日本人は、もっと世界に対して関心を持たなければならない」
その通りです。

「日本人にはハングリー精神が足りない。我々はハングリー精神で小さかった会社をここまで大きくした」
確かにすごいです。

「今の中国人や韓国人のハングリー精神はすごい。日本人はこのままではダメだ!」
ごめんなさい。

「我々は、世界がどうすれば平和になってくれるかを常に考えながら、世界規模での活動を視野にいれている」
まじっすか。

「世界は、バラバラのようで実はつながっている。どこか、今現在起こっている地域紛争が将来、日本の徴兵制につながるかもしれない」
確かにそうです。

「例えばの話をしましょう。明日、太陽が爆発するということがNASAから発表されました。そこへ、天使が降りてきて、あなたに言います。『あなたに特別に透明な箱を用意してあげましょう。この箱の中の物だけ状態をそのままにして、守ってあげます。』さて、あなたは何をいれますか?自分を入れると思った方。確かに、少しだけ助かるかもしれませんが、箱の中の酸素はすぐに無くなってしまいます。あなたと、あなたの家族、クラスメートだけをいれても、やはり酸素は足りなくなります。地球をいれますか?太陽が爆発したら、太陽系の星々もバランスが崩れてしまい、地球がダメになってしまいます。そうなんです。じつは、その箱は無限大の大きさにして、この世の全ての物を中に入れないといけないのです」
と言うような話をされました。

世界が平和になるために我々は何をすべきか常に考えている。我々は、共に世界について考えてくれるパートナーを募集しているとおっしゃられました。

私がこの企業を受けるのをやめたのは、「爆発する前の太陽だけを箱の中にいれたらいんじゃね?」と思ってしまったからではなく、私にハングリー精神がないからです。人に叩かれたら二度と起き上がれません。就職できる気がしねー。

このエントリーをはてなブックマークに追加