文学ファイター

今日の話の元ネタは世界の思想書50冊から身近な疑問を解決する方法を探してみたです。

アイキャッチ

中立な情報。中立な私。

情報を発信しているのが人間である以上「偏りがない」などありえない。

またこれは情報受信者である私たちに対しても同じことが言える。

つまり、メディアというものは偏向報道があって当たり前であって、私たち自身もまた考え方に偏りがあって当たり前である。

すなわち、「中立な情報を探す」という行為は、『そんなものはそもそも存在しない』という意味で愚かな行為であるし、「自分は中立な考え方をする人間である」と思っている人間は、ただのヤバい奴である。

――っていうのを本で読みました。

このエントリーをはてなブックマークに追加