文学ファイター

私は正しい選択肢が選択できてない。人生のバッドエンドが回避できない。

アイキャッチ

強い人。幸福な人。

皆さんは「強い人」とはどのような人のことだと思います?私は「強い人」とは「選択肢を豊富に持つ人」のことだと思います。そして「選択肢を豊富に持つ」ためのアイテムがこの世界には二つあります。「お金」と「時間(余命)」です。

例えば「お金」をたくさん持っていれば、働かずに生きていくという選択ができるし、死ぬまで遊んで暮らすという選択すらできるでしょう。

例えば「時間(余命)」をたくさん持っていれば、12歳の子が「今から画家を目指す」って言ったら、これはなかなか可能性があるけれど、95歳の老人が「今から画家を目指す」と言っても、これはかなり厳しいと思う。なぜなら、夢を叶えるまでに残された余命が少ないからだ。

私たちがなんとなく若い人を羨ましく思うのは、若い人の方が「時間」を豊富に持っているからだ。例えば彼らは、もし選択を間違ったとしてもやり直せるほどの十分な時間を持っている。

でも「強い人」が全て幸せになるわけではない。「選択肢を豊富に持つ」人が全て幸せになるわけではない。

「若い人」や「お金持ち」が不幸になる場合があるし、「老人」や「貧乏な人」が幸福になる場合もある。

なぜなら「幸福」とは「選択肢が豊富にある状態」のことではなく、「何かを選択した結果手に入れるもの」だからだ。例え選択肢が少ないとしても、その少ない選択肢から正しい選択肢を選ぶことさえできれば人は幸福になれるのだ。

そして、人間の生きる目的が「強くなること」ではなく「幸福になること」であるならば、大事なのは「お金」や「時間」を増やすことよりも、「何を選択するか」なのではないだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加