Linuxゲリラ戦記

pstreeコマンドの使い方

pstreeコマンド(実行中のプロセスのツリー形式表示)

pstree [-a] [-c] [-h|-Hpid] [-l] [-n] [-p] [-u] [-G|-U] [pid|user]

pstree は実行中のプロセスをツリー形式で表示する。ツリーは pid を起点とする。 pid が省略されると init を起点とする。ユーザー名が指定されると、そのユーザーのプロセスを起点とする全てのプロセスツリーを表示する。

同じ内容の分岐があると、 pstree はそれらを [] で括り、繰り返し数を前に付けてまとめる。例えば

init-+-getty
     |-getty
     |-getty
     ‘-getty

init---4*[getty]

となる。

オプション
オプションなし
pstreeの実行例
-a

コマンドラインの引数を表示する。プロセスのコマンドラインがスワップアウトされているときは、そのプロセスを 括弧で括って表示する。 -a は暗黙の内に [] によるまとめ表示を無効にする。

pstree -a の実行例

-c

同じ内容のサブツリーをまとめない。デフォルトでは、可能な限り常に同内容のサブツリーをまとめる。

pstree -c の実行例

-G

VT100 の 罫線文字 (line drawing character) を使う。

pstree -G の実行例

-h

カレントプロセスとその先祖のプロセスを強調表示する。ターミナルが強調表示をサポートしていなかったり、カレントプロセスとその上位グループのいずれもがツリーに属していなければ、この指定は単に無効となる。

pstree -h の実行例

-H

-h と似ているが、指定したプロセスを強調表示する。 -h とは違い、 pstree は -H の強調表示ができない場合には失敗する。

pstree -H の実行例

-l
長い行を表示する。デフォルトでは、長い行はディスプレイの幅で打ち切られる。出力が tty 以外に送られる場合や、ディスプレイの幅が分からない場合は 132 桁で打ち切られる。
-n

同じ親を持つプロセスどうしを、名前でなく PID でソートする。(数値ソート)

pstree -n の実行例

-p

PID を表示する。PID は10進数でプロセス名の後に括弧付で表示される。 -p を付けると、ツリーのまとめ表示は行わない。

pstree -p の実行例

-u

uid の遷移を表示する。プロセスの uid が親の uid と異なる時は、常にその新しい uid がプロセス名の後に括弧付で表示される。

pstree -u の実行例

-U
UTF-8 (Unicode) の罫線文字 (line drawing character) を使う。 Linux 1.1-54 以降においては、コンソールは echo -e ’\033%8’ で UTF-8 モードに入り、 echo -e ’\033%@’ で終了する。
pstree -V

バーション情報を表示する。

$ pstree -V
pstree (PSmisc) 22.6
Copyright (C) 1993-2005 Werner Almesberger and Craig Small

PSmiscは完全に無保証です
これはフリーソフトウェアです。GNU一般公衆利用許諾契約書の条項に基づいて
再配布を自由に行ってかまいません。
これらについてより詳細な情報はCOPYINGファイルをご覧下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加