Linuxゲリラ戦記

より最新の情報はDebian GNU/Linux 8.0 jessieにAdobe Flash Playerをインストールするにあります。

Debian GNU/Linux 7.0 wheezyにAdobe Flash Playerをインストールする

こんにちは。Debian wheezyをインストールした直後はYouTubeが見られない状態だから、FlashをインストールしてYouTubeを見られるようにするよ。ちなみに、私が試したのは正確にはDebian GNU/Linux 7.0じゃなくて7.5だけどやりかたは一緒だよ。

Flashをaptitudeコマンド(もしくはapt-getコマンド)でインストールできるようにするためにsources.listファイルを書き変えるよ。ちなみに、rootユーザーじゃないと書き換えられないよ。まずは端末なりターミナルなり仮想コンソールなりを(つまり、CUI環境)起動してrootユーザーになるよ。su -って入力したあとに、rootユーザーのパスワードを入力しよう。

$ su -
パスワード:

ちなみに、パスワード入力中は、入力中のパスワードは表示されないけど、きちんと入力できてるよ。

rootユーザーになることに成功したら、画面の$マークだったのが#マークになるよ。

$ su -
パスワード:
#

ちなみに、sources.listファイルは、/etc/aptの下にあるよ。まずは、書き換える前にファイルのバックアップをとるよ。cpコマンドを使おう。

# cp /etc/apt/sources.list /etc/apt/sources.list.default

これで、/etc/apt/sources.listのファイルのコピーをsources.list.defaultという名前で、同じディレクトリに作成したことになるよ。これから、sources.listファイルを書き変えるけど、もし書き変えに失敗して、しかも書き変える前のファイルの状態がどんな状態だったかがわからなくなってしまった場合は、以下のコマンドを実行することで、ファイルの状態を元に戻せるよ(上書きコピーすることになります)。

# cp /etc/apt/sources.list.default /etc/apt/sources.list

オッケーかな?というわけで、sources.listファイルを書き変えるよ。今回の例ではnanoコマンドを使ってファイルを書き変えるよ。

# nano /etc/apt/sources.list

ちなみに、書き変えにnanoを使わないといけないわけじゃないよ。viとかvimとかなんか他の好きなエディタを使っていいよ。nanoの使い方はLinuxゲリラ戦記の27.Linuxの文字書きソフト(テキストエディタ)nanoが参考になるよ。

デフォルトのDebian「wheezy」の/etc/apt/sources.listを、contribを追加したDebian「wheezy」の/etc/apt/sources.listに書き変えるよ。二箇所にcontribという文字を追加したよ。

書き変えたら保存してnanoを終了してください。次に、contribを追加したことをLinuxさんに教えるために、updateをします。

# aptitude update

apt-getコマンドでも構いません。

# apt-get update

こうすることで、先程までaptitudeコマンドで探しても存在しなかったflashplugin-nonfreeが

# aptitude search flash
p   flashbake            - automated snapshots with git              
v   flashblock           -                                           
v   flashgot             -                                           
p   flashplugin-nonfree  - Adobe Flash Player - browser plugin 
……

インストールできるようになったので、aptitudeコマンドでインストールしましょう。

# aptitude install flashplugin-nonfree

aptitudeコマンドの代わりにapt-getコマンドでインストールしても構いません。

# apt-get install flashplugin-nonfree

これで、特にLinuxを再起動する必要なくYouTubeが見られるようになります。

----以下2014年6月7日追記-------

そういえば、DebianでYouTubeを見ると、「○秒後にスキップして動画へ進めます」という日本語が□□みたいに文字化けしている。今まで気にしていなかったけど、今日は暇だったので、直し方をググった!直った!勝った!

というわけで、直し方です。

/etc/fonts.conf.availディレクトリに、以下の内容のファイルを

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
    <!-- Japanese (ja) -->
    <match target="pattern">
        <test qual="any" name="family">
            <string>serif</string>
        </test>
        <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
            <string>Takao P明朝</string>
            <string>IPA P明朝</string>
            <string>IPA モナー P明朝</string>
            <string>梅P明朝</string>
            <string>さざなみ明朝</string>
            <string>東風明朝</string>
        </edit>
    </match>

    <match target="pattern">
        <test qual="any" name="family">
            <string>sans-serif</string>
        </test>
        <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
            <string>Takao Pゴシック</string>
            <string>IPA Pゴシック</string>
            <string>IPA モナー Pゴシック</string>
            <string>UmePlus P Gothic</string>
            <string>梅Pゴシック</string>
            <string>VL Pゴシック</string>
            <string>さざなみゴシック</string>
            <string>東風ゴシック</string>
        </edit>
    </match>

    <match target="pattern">
        <test qual="any" name="family">
            <string>monospace</string>
        </test>
        <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
            <string>Takaoゴシック</string>
            <string>IPAゴシック</string>
            <string>IPA モナー ゴシック</string>
            <string>UmePlus Gothic</string>
            <string>梅ゴシック</string>
            <string>VL ゴシック</string>
            <string>さざなみゴシック</string>
            <string>東風ゴシック</string>
        </edit>
    </match>

    <match target="pattern">
        <test qual="any" name="family">
            <string>Ryumin</string>
        </test>
        <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
            <string>Takao P明朝</string>
            <string>IPA P明朝</string>
            <string>IPA モナー P明朝</string>
            <string>梅P明朝</string>
            <string>さざなみ明朝</string>
            <string>東風明朝</string>
        </edit>
    </match>

    <match target="pattern">
        <test qual="any" name="family">
            <string>GothicBBB</string>
        </test>
        <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
            <string>Takao Pゴシック</string>
            <string>IPA Pゴシック</string>
            <string>IPA モナー Pゴシック</string>
            <string>UmePlus P Gothic</string>
            <string>梅Pゴシック</string>
            <string>VL Pゴシック</string>
            <string>さざなみ ゴシック</string>
            <string>東風ゴシック</string>
        </edit>
    </match>

    <match target="font">
        <test name="family" compare="contains">
            <string>IPA Pゴシック</string>
            <string>IPA P明朝</string>
            <string>IPA モナー Pゴシック</string>
            <string>IPA モナー P明朝</string>
            <string>IPA モナー UIゴシック</string>
            <string>IPA モナー ゴシック</string>
            <string>IPA モナー 明朝</string>
            <string>IPAexゴシック</string>
            <string>IPAex明朝</string>
            <string>IPAゴシック</string>
            <string>IPA明朝</string>
            <string>Takao Pゴシック</string>
            <string>Takao P明朝</string>
            <string>TakaoExゴシック</string>
            <string>TakaoEx明朝</string>
            <string>Takaoゴシック</string>
            <string>Takao明朝</string>
            <string>UmePlus Gothic</string>
            <string>UmePlus P Gothic</string>
            <string>VL Pゴシック</string>
            <string>VL ゴシック</string>
            <string>さざなみゴシック</string>
            <string>さざなみ明朝</string>
            <string>東風ゴシック</string>
            <string>東風明朝</string>
            <string>梅Pゴシック</string>
            <string>梅PゴシックC4</string>
            <string>梅PゴシックC5</string>
            <string>梅PゴシックO5</string>
            <string>梅PゴシックS4</string>
            <string>梅PゴシックS5</string>
            <string>梅P明朝</string>
            <string>梅P明朝S3</string>
            <string>梅UIゴシック</string>
            <string>梅UIゴシックO5</string>
            <string>梅ゴシック</string>
            <string>梅ゴシックC4</string>
            <string>梅ゴシックC5</string>
            <string>梅ゴシックO5</string>
            <string>梅ゴシックS4</string>
            <string>梅ゴシックS5</string>
            <string>梅明朝</string>
            <string>梅明朝S3</string>
        </test>
        <test name="pixelsize" compare="less_eq">
            <double>18</double>
        </test>
        <edit name="hintstyle" mode="assign">
            <const>hintnone</const>
        </edit>
        <edit name="embeddedbitmap">
             <bool>false</bool>
        </edit>
    </match>
    <!-- Japanese (ja) ends -->
</fontconfig>

69-language-selector-ja-jp.confというファイル名で保存してください。具体的な操作例としては

$ su -
パスワード:
# cd /etc/fonts.conf.avail
# nano 69-language-selector-ja-jp.conf

で、中に上記記述を書いてください。コピペで構いません。ちなみに、コマンドは例なので、別にnanoじゃなくてvimとか好きなエディタで作成して構いません。

作成したら保存して、次は以下コマンドを打ってください。

# ln -s /etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf /etc/fonts/conf.d/

上記コマンドを打つことで、/etc/fonts/conf.dディレクトリ以下に/etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.confファイルのリンクファイルができます。

ごめんね。lnコマンドをまだLinuxゲリラ戦記で教えてないよね……。lnコマンドは、リンクファイルっていうファイルをつくるコマンドで、元ファイルのコピーを作るファイルなんだ。

「じゃあcpコマンドでもいいじゃねぇか」って思うかもしれないけど、lnコマンドは凄いぞ。リンク元のファイルを書き換えると、リンク先のファイルも自動で書き換わるんだ。すげー。かっこいい。詳しくはググるんだ。

というわけで、あとはウェブブラウザを一回閉じて、もう一回開くとYouTubeの文字化け直ってるよ。一応、参考にしたサイトとか下にメモしておくけど、もっと知りたければ「Linux YouTube 文字化け」とか「69-language-selector-ja-jp.conf」とかの検索キーワードでググってみてね。

----以下2015年1月3日Flashの更新方法に関して追記-------

なんか最近(最近じゃない?)Adobe Flash Playerの新しいバージョンが出たらしくて、Flashがあるサイトを見たら、「あんたのFlash古いよ。更新しろよ。さもないとセキュリティの問題とかあるかもよ。どうしても見たいならここクリックしろよ」っていう警告文が出て、素直に見れなくなってた。

パッケージアップデートのコマンド # aptitude update とか # aptitude safe-upgrade とかやってみても全然Flashのソフトが更新されないし。どうなっているんだ、と思って試しにググってみたら、Flashだけ更新の仕方が違うんだって。こうコマンドを打つらしい。

# update-flashplugin-nonfree --install

ソース(情報源)はFlashPlayer - Debian Wikiだよ。試しにコマンド打ったら無事に更新されたよ。これでようやく素直にFlash見れるよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加