適当プログラマー

"ニューヨークの風"よりも"カリフォルニアの風"の方が語呂が良かった。

アイキャッチ

ネットリテラシーの高い人に見るネットリテラシーの低さとカリフォルニアの風

こんにちは!皆さんTwitterとかFacebookとかモリモリやってますか?やってるんでしょう?やろうぜ?私はやってませんが。

古くはブログから始まり、mixiを通過してTwitterやらFacebookやら、普通の人が簡単に情報を発信する事が出来るようになってきた昨今。

最近、『自称ネットリテラシーの高い人』のネットリテラシーの低さが目立ちます。でも、彼らは皆「自分のネットリテラシーの低さ」に気がついていません。で、原因を考えてみたのですが、やはりおしゃれでクールなTwitterやFacebookなどのアプリ(以下、「カリフォルニアの風」と定義する)のせいだと思うんですよね。

あれですよ。カリフォルニアっておしゃれじゃないですか?クールじゃないですか?なんせアメリカだぜ?あの溢れ出てくるオシャレ感が、皆さんの正常な感覚を狂わせるんですよ。皆さん日常生活で「セックスセックス」なんて言葉を使わないと思うんですけど、カリフォルニアの風の中で「セックスセックス」いうと、「セックス・アンド・ザ・シティ」っていうオシャレなドラマになるんですよ。セックスセックス言ってるだけなのに。恐ろしいね、カリフォルニアの風。

例えば、ちょっと前に中学生だったか高校生だったかが集団でキスする写真がTwitterだかFacebookだかで話題になったんですが、あれって正直、ネットという世界に写真を載せてまで非難されることじゃないじゃないですか?方向性を少し間違った青春を送っているだけで、多分町内会で奥さまたちに「にょほほほほ」って言われるくらいの非難度で良かったはずなんですよ。百歩譲って「こんな事件があったんだぜ!」って事は話題にはしてもいいと思うんですが、写真はダメだろう。下手すりゃネットにばらまかれた写真って永遠に残るぜ?

しかも、彼らはまだ子供だよ?これから人生長いのに、多分、写真が出回ったせいで、今後の人生に悪い影響が出る子とかも出てくるよ?その子の人生をメチャクチャにしてまで非難されるべきことか?

っていうことに、想像を及ばせないのがカリフォルニアの風。

おしゃれでクールで刺激的なニュースがあれば、とりあえずばらまくのがカリフォルニア流。

あと、これまたちょっと前にアルタ前で男の人が土下座して女の人に髪を切られるという出来事があって、これもTwitterやらFacebookやらで話題になってたんだけど、まぁ話題にしたいのは分かるけど、百歩譲って文字で「すげぇよ!こんなことがあったよ!」って話すべきだと思うんだよ。写真はダメだろ。

多分、その男女の間には色々な事情があった結果、アルタ前で男が土下座して、女に髪を切られるという自体に発展したと思うんだけど、多分、男も女もある程度は人に見られる覚悟はあったと思うんだけど、ネットにばらまかれて、永遠に画像が残るとか考えていないと思うんだよね。で、ここに画像が残るせいで、彼らの人生がメチャクチャになる可能性もあるんだよね。

でも、カリフォルニアの風の中だと、そういうことはどうでもいいの。なんか事件があったら、勝手に写メをとっていいの。許可とかいらないの。カリフォルニアだから。あと、写メを無許可で撮った上に、勝手につながってる友達に「見て見て!」ってバラまいていいの。バラまくのにも躊躇しないの。カリフォルニアだから。

ちょっと昔に、秋葉原で通り魔事件があったときに「みんな写メを撮るばかりで、被害者を助けない」っていうのがあって非難されてたけど、多分カリフォルニアの風を感じてる彼らも同じような状況にあったら、写メを撮るばかりで被害者を助けないんじゃなかろうか。カリフォルニアだから。で、被害者の中には多分「自分の写真をバラまかないで」って思う人もいるだろうけど、勝手にバラまくんじゃなかろうか。カリフォルニアだから。

で、上はネットで話題になった事件の例だけど、例えば小さいところだと「変な顔のおじさん発見!」とか「こんな所ですごい寝顔で寝てる人がいるw」って言いながら、見知らぬ人をバンバン無許可で写真をとって、無許可でバラまいてると思うんですよね。皆さん。カリフォルニアだから。カリフォルニアの風の中だからなんとなく許される空気感が流れてるけど、これって凄い失礼なことではなかろうか。要するに、カリフォルニアの風の中で「ブス!」とか「寝てるバカ発見!」とかディスってるの。でも、やってる人たちは、悪いことしてる自覚が無いの。オシャレ感いっぱいのカリフォルニアの風の中だから。「セックスセックス」いってるだけでドラマになるという恐ろしい風の中だから。

例えば、自分から自虐ネタをやって「ばらまいてー」とか、人を傷つけない範囲での「こんな面白いことあったよー」はやってもいいと思うんだ。犯罪行為を告白しちゃってる人を非難するのもやっていいと思う。けど、もうちょっとバラまいて良いものと悪いものの判断をつけようよ、と。

多分、彼らにはもうちょっと「カリフォルニアの外で同じ事をやるとどうなるか」っていう想像力が足りないと思うんだよね。

例えば、学校で同じ事をするのを想像するとかさ。

学校でクラスメートの女子がセックスの話しとかしてたらどう思う?嫌だよね?……いや、正直嫌じゃないよね?むしろ聞き耳を立てるよね?顔がにやけるよね?つまり、カリフォルニアの風の中で「セックスセックス」言っててもそれほど問題ないわけだ。

でも、学校の中で勝手にあなたが写メ撮られて学校中にばらまかれたら嫌じゃない?しかも勝手にコメントに「変な顔の人発見w」とか言われると、最悪な気分だよね。しかも、その行為をするのが友達とかじゃなくて、隣の隣のクラスの、まったく話したことのない赤の他人が勝手に写メとってコメントつけてバラまいたとかだったら気持ち悪くね?

でも、そういうのに一切想像を及ばせないのがカリフォルニアの風。あのオシャレ感の中だと何をしても許される。つまり、彼らはオシャレ感の中で正常な感覚を保てていないんだよ!オシャレ負けしてるんだよ!カリフォルニア負けしてるんだよ!

で、そんな彼らがなぜ自分にネットリテラシーがないことを自覚できないのか。それは、実は彼らはそういう話題を提供することで、カリフォルニアの中に友達が多いから。つながってる人が多いから、「自分、アプリ使いこなせてるぜ!だからネットリテラシーも高いんだぜ!」って勘違いしちゃってるの。友達多いからってネットリテラシーがあるわけでもないのに。

実は調査したら、ネットリテラシーの低い人の方がカリフォルニアの中で多いんじゃなかろうか。という話。

え?セックス・アンド・ザ・シティの舞台はニューヨーク?知らねぇよ!カリフォルニアにそんなおしゃれなイメージ無い?知らねぇよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加