Linuxゲリラ戦記

Vimの基本

アイキャッチ

61.Vimの使い方。インサートモード。コマンドモード。保存。終了。

ナックス「今日は初めてVimを使います。今回はとりあえず、文字書いて保存するまでをやろうと思います」

デビー君「はーい」

ナックス「まずは、適当なディレクトリで以下のコマンドを打ってください」

$ vim vimtest.txt

ナックス「上記は『vimでvimtest.txtというファイルを作りつつ、vimを起動する』という意味です」

デビー君「なんか、画面が変わった」

Vim起動

ナックス「はい。Vimが起動したのです」

ナックス「Vimの起動直後は、コマンドモードというモードになっていて、基本的には文字が書けません」

ナックス「試しに、bと記述しようとしてみてください」

デビー君「びー!!……Bキーを押しても、Bが記入されないね」

ナックス「rと記入してみましょう」

デビー君「あーる!!……Rキーを押しても、反応ないです」

ナックス「はい。コマンドモードでは文字が記述できないことは確認できました」

ナックス「それでは、文字を書き込めるモード、すなわちインサートモード(挿入モードとも言います)に切り替えます」

ナックス「Iキーを押せば、挿入モードになります」

Insertモード

デビー君「あい!!──おぉ!左下に"挿入"という文字が表示されてる!」

挿入と表示されている

ナックス「はい。ディストリビューションによっては、日本語で"挿入"と表示される代わりに、英語で"Insert"と表示される場合もあると思います。が、どちらも同じインサートモード(挿入モードともいいます)の意味です。つまり"現在、インサートモードだよ"ってことです。字が書けるはずなので、適当に書いてみてください」

デビー君「おぉ!bもrも書けるし、日本語も記述できるね!」

Vimで文字を書ける

ナックス「はい。"インサートモード"、名前はかっこいいですが、要するに"文字を書けちゃうよモード"です」

ナックス「で、今回は試しにこのファイルを保存してみましょう」

ナックス「ファイルの保存はコマンドモードで行います」

ナックス「インサートモードからコマンドモードに戻るには、Escキーを押します」

デビー君「……えーっとそれは、Eキーを押して、sキーを押して、cキーを押せばいいのかな?」

ナックス「違います。Escキー(エスケープキー)です。キーボードの一番左の、一番奥にあると思います」

Escキー

デビー君「おぉっ!!これか!」

ナックス「Escキーを押すと、コマンドモードに戻ります」

デビー君「左下の"挿入"っていう文字が消えたね」

挿入表示が消える

ナックス「さてコマンドモードと聞くと、なんとなくボタンを押して操作するような気がしますが、保存はコマンドモードの状態で文字を書くことでなされます」

ナックス「というわけで、」

:w

ナックス「というように、:(コロン)を入力して、wを入力してください」

:キーとwキー

デビー君「お!左下に今書いた文字、:wが表示された!」

:wが表示されている

ナックス「表示されたのを確認したら、Enterキーを押してください」

保存

デビー君「おぉっ!なんか保存されたっぽい!」

ナックス「では、Vimを終了しましょう。現在のコマンドモードの状態で」

:q

ナックス「というように、:(コロン)q(Qの小文字)を記述してください」

:キーqキー

デビー君「今度は左下に、今記述した:qが表示されてるね」

:qが表示される

ナックス「Enterキーを押せば、Vimを終了できるはずです」

デビー君「できた!」

Vimの終了

ナックス「最後にlsコマンドで、実際に今作成したファイルができているか確認してみましょう」

$ ls

デビー君「できてる!」

ナックス「ちなみに、新しくファイルを作成するのではなく、すでに存在するファイルを編集するときは」

$ vim すでに存在するファイルのファイル名

ナックス「で編集できます」

デビー君「はーい」

ナックス「さて、今回『インサートモード』と『コマンドモード』という2つのモードが出てきたので」

デビー君「な、なんなの!?あとは一体何モードがあるの?」

ナックス「などとビクビクしているかもしれませんが、この2つしかモードがありませんのでご安心ください」

ナックス「次回は作成するシェルスクリプトの内容を決めるよ。(62.Linux画像収集スクリプト再び)!」

このエントリーをはてなブックマークに追加