Linuxゲリラ戦記

Viびってるような野郎にはVimは使いこなせないぜ!?

アイキャッチ

60.Vimをインストールする

ナックス「ビビってんのか!?この野郎!!」

デビー君「ビビってないっす!!」

ナックス「Viビってんじゃないのか!?この野郎!!」

デビー君「Viビってないっす!!」

ナックス「Vimれよこの野郎!!」

デビー君「うっす!!」

ナックス「…………」

デビー君「…………」

ナックス「というわけで、今回はVimをインストールしまーす」

デビー君「はーい」

ナックス「ちなみに、Linuxのディストリビューションによって、インストールのコマンドは異なります。『コマンドからインストールするの恐い!』っていう人は、アプリをインストールするGUIアプリケーション(Synaptic)とか使ってもいいです」

デビー君「はーい」

ナックス「Debian系のディストリビューションでは以下のようにコマンドを打てば、vimをインストールできます」

# aptitude install vim

デビー君「#っていうことは、rootユーザーになってから」

$ su -
パスワード:
#

デビー君「コマンドを打つんだね」

# aptitude install vim

ナックス「そうです」

ナックス「yumコマンドを使うディストリビューションの場合は、多分こんな感じ」

# yum install vim

ナックス「でインストールできます」

デビー君「こっちも、rootユーザーになってから」

$ su -
パスワード:
#

デビー君「コマンドを打つんだね」

# yum install vim

ナックス「そうです。ただLinuxのディストリビューションによっては、rootユーザーになれない場合もあると思います。その場合は、それぞれ以下のように」

$ sudo aptitude install vim
$ sudo yum install vim

ナックス「コマンドを打つようになることでしょう」

ナックス「上記以外のコマンドによるインストール方法もあるので、それぞれのディストリビューションにあった方法でVimをインストールしましょう」

デビー君「はーい」

ナックス「インストールできました?」

デビー君「できました」

ナックス「次回、Vimで文字を書いてみる(61.Vimの使い方。インサートモード。コマンドモード。保存。終了。)です」

このエントリーをはてなブックマークに追加