Linuxゲリラ戦記

魔王「くっくっく……貴様等の希望は shutdown -h now で既に閉じてある」
勇者「ふっふっふ。もし俺が -h をこっそり -r に書き換えていたとしたら?」
魔王「なにっ!?」

アイキャッチ

56.Linuxをシャットダウンするコマンドhalt等

ナックス「今回はLinuxの電源をコマンドからシャットダウン(パソコンの電源を切る)してみまーす」

デビー君「へー。コマンドからもシャットダウンできるんだ」

ナックス「出来ます。でも、このページを見ながら試しに電源を切るコマンドを行うと、本当にパソコンの電源が切れるので、実際にコマンドを試す前にちゃんと電源が切れても大丈夫な状態(例えば、書きかけの文章とかは保存していてね)にしておいてください」

デビー君「はーい」

ナックス「というわけで、電源を切るコマンドはこちら!」

# halt

デビー君「ん?もしかして、これってスーパーユーザー(rootユーザー)でhaltってコマンドを打つの?」

ナックス「そうです。実はパソコンの電源を切るのは普通、スーパーユーザーしか出来ないことになっています。スーパーユーザーへのなりかたは覚えていますか?」

デビー君「うん。su - ってコマンドを打って、スーパーユーザーのパスワードを入力すればスーパーユーザーになれるんだよね。つまり、今回はこういう感じにコマンドを打つんだね?」

$ su -
パスワード:
# halt

ナックス「その通りです。また、パスワード入力中は入力中の文字が画面に表示されませんが、きちんと入力されているので、気にせず入力してEnterキーを押してください」

ナックス「また、Linuxのディストリビューションの種類によっては、スーパーユーザーになれない場合があります。その時はこんな感じでコマンドを打ちましょう」

$ sudo halt

ナックス「Ubuntuは確かsudoコマンドですよね。Open SUSEもそうだったかな……」

ナックス「というわけで、電源切れました?」

デビー君「切れました」

ナックス「次は再起動をコマンドからしてみましょう」

デビー君「再起動までコマンドで出来るんだ」

ナックス「そうです。再起動のためのコマンドはこうです」

# reboot

デビー君「これもスーパーユーザーになってからするんだね?つまり、一般ユーザーの流れから書くとこうだね」

$ su -
パスワード:
# reboot

ナックス「そうです。そして、ディストリビューションによっては上記の流れではなく、こうです」

$ sudo reboot

デビー君「うん。再起動できた!」

ナックス「そして、実はLinuxのシャットダウン、及び再起動には別のコマンドも用意されています」

ナックス「電源を切る、shutdown -h now」

# shutdown -h now

ナックス「そして、再起動する shutdown -r now」

# shutdown -r now

デビー君「こっちも両方共、スーパーユーザーでコマンドを打つんだね?つまり、一般ユーザーからの流れを書くと」

$ su -
パスワード:
# shutdown -h now

デビー君「と」

$ su -
パスワード:
# shutdown -r now

デビー君「なんだね?」

ナックス「その通りです。そして、ディストリビューションによっては上記の代わりに」

$ sudo shutdown -h now

ナックス「及び」

$ sudo shutdown -r now

ナックス「となります。shutdownを使用するコマンドの方も、せっかくなので試してみてください」

デビー君「shutdown のコマンドの方のオプションの-hと-rは、haltコマンドの一番最初の文字のhとrebootコマンドの一番最初の文字のrと対応してるのかな?」

ナックス「多分そうです」

ナックス「ちなみに、私は最初に電源を切るコマンドで知ったコマンドがshutdownの方のコマンドだったので、どちらかといえばshutdown派ですが、正直どちらを使っても構いません」

デビー君「haltコマンドの方が打たないといけない文字数が少ないしね」

ナックス「はい。でもって、shutdownコマンドの二つ目のオプション、now」

デビー君「ナウ」

ナックス「ここで問題です。nowは日本語に訳すと何て言う意味でしょうか?」

デビー君「Twitterで、『です/ます』の代わりにナウを使います」

ナックス「はい。自信満々で間違えられて、正直動揺しています。nowとは『今/現在』と言う意味です」

デビー君「え、そうなの?じゃぁ、Twitterの『カラオケなう』とかは『カラオケです』じゃなくて『カラオケ現在』っていう意味!?」

ナックス「いいえ。それは『今、カラオケ中でーす』的な訳し方をしてください」

デビー君「あー。そういう意味だったんだ。知らなかった……」

ナックス「つまり、例えばshutdown -h nowっていうコマンドは『今すぐ電源を切れ』っていうコマンドです」

デビー君「いますーぐ一緒に〜♪」

ナックス「これかーら一緒に〜♪」

デビー君「殴りに行こうか〜♪」

ナックス「YA-YA-YA-YA-YAYAYA〜♪」

デビー君「……何突然歌い出してるの?真面目に解説してよ」

ナックス「えぇっ!?」

ナックス「で、まぁこのnowですが。別に指定は今じゃなくていいんです」

デビー君「ほう?」

ナックス「例えば5分後に電源を切りたいなら」

# shutdown -h +5

ナックス「っていう書き方が出来ます」

デビー君「おおっ!」

ナックス「時間での指定も出来ます」

# shutdown -h 13:25

ナックス「上記は、13時25分──つまり、午後1時25分に電源を切ります」

デビー君「へーっ」

ナックス「ただし気をつけて欲しいのは、この時間に必ず例え作業途中であろうとも強制的にLinuxの電源が突然消えます」

デビー君「何それ怖い」

ナックス「だから、例えば『彼女とのデートは駅前に午後2:30集合だから、午後2:00に家を出ればいいや。ギリギリ5分前までパソコンで遊んでよう』っていう時に」

# shutdown -h 13:55

ナックス「としたり、『最近パソコンのやりすぎだから今日はきっかり一時間でパソコン止めよう』って時にパソコン起動後すぐに」

# shutdown -h +60

ナックス「ってやって、きっかり60分後にパソコンの電源を切るように設定したりが出来ます」

デビー君「なるほどねー」

ナックス「ちなみにもちろん、一時間後にシャットダウンとかだけじゃなくて一時間後に再起動、とかも指定できます」

# shutdown -r +60

デビー君「ほう」

ナックス「シャットダウンと再起動はそんな感じ!次回は『57.過去に使ったLinuxコマンドを見る!historyコマンドと↑キー』です」

このエントリーをはてなブックマークに追加