Linuxゲリラ戦記

ごめんね。すごい睡魔の中記事を書いたから無茶苦茶間違ってたのを書き直したよ。

アイキャッチ

Debian LennyのIceweasel上でPDFファイルを見る

Iceweasel上でPDFファイルが見たいんじゃー!

はい。というわけでIceweasel上でPDFファイルを見るにはmozilla-acroreadというパッケージが必要です。ですが、Debian標準のソースリストには(多分)ありませんので、今回はaptitudeを使うためのソースリストにmozilla-acroreadを提供してくれているパッケージ配布元を追加しつつ、mozilla-acroreadをインストールする方法を解説します。

追加するパッケージ配布元ですが、今回ご紹介するのが Debian Multimedia Packages です。

主にdebianのマルチメディア関連のパッケージを専門に取り扱っています。結構有名です。mozilla-acroreadのパッケージ以外にも結構使えるパッケージがあるはずですので、mozilla-acroreadをインストールした後も、ソースリストに残しておくことをお勧めします。

まず、Debian Multimedia Packagesトップページの真ん中の方に

The first package to install is debian-multimedia-keyring.
First download the debian-multimedia-keyring package.
Then under root or with sudo do the following :
"dpkg -i debian-multimedia-keyring_2008.10.16_all.deb" or "sudo dpkg -i debian-multimedia-keyring_2008.10.16_all.deb"
And voila.

と書いています。日本語にすれば

最初にインストールするのはdebian-multimedia-keyringだ。
まずdebian-multimedia-keyring packageをダウンロードしろ。
その後、root権限を使うかsudoを使って、以下の二つのどちらかの方法を行え。
"dpkg -i debian-multimedia-keyring_2008.10.16_all.deb" または  "sudo dpkg -i debian-multimedia-keyring_2008.10.16_all.deb"

となります。

上記の点を踏まえてさっそくやってみましょう。

  1. Debian Multimedia Packagesのサイトへ行き、真ん中の
    The first package to install is debian-multimedia-keyring.
    First download the debian-multimedia-keyring package.
    Then under root or with sudo do the following :
    "dpkg -i debian-multimedia-keyring_2008.10.16_all.deb" or "sudo dpkg -i debian-multimedia-keyring_2008.10.16_all.deb"
    And voila.
    debian-multimedia-keyringをクリックしてキーリングをダウンロードする(ちなみに、キーリングはセキュリティ的な事に必要らしい)。
  2. rootユーザーになってダウンロードしたキーリングをインストールする。

    $ su -
    パスワード
    # dpkg -i debian-multimedia-keyring_2008.10.16_all.deb

    キーリングのインストールは(多分)「その配布元を信頼する」という証であるだけで、実際にはまだaptitude(とかapt-getとかSynaptic)で使えるようになったわけではありません。

  3. aptitude(とかapt-getとかSynaptic)で使えるように/etc/apt/sources.listに以下の一文を追加します。

    deb ftp://ftp.debian-multimedia.org lenny main

    /etc/apt/sources.listには実際に使用する配布元の一覧が記載されています。なお、/etc/apt/sources.listはroot権限が無いと編集できません。

    debianインストール直後の/etc/apt/sources.listは多分こんな感じ
    # 
    # deb cdrom:[Debian GNU/Linux 5.0.0 _Lenny_ - Official i386 NETINST Binary-1 20090214-16:03]/ lenny main
    
    # deb cdrom:[Debian GNU/Linux 5.0.0 _Lenny_ - Official i386 NETINST Binary-1 20090214-16:03]/ lenny main
    
    deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ lenny main
    deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ lenny main
    
    deb http://security.debian.org/ lenny/updates main
    deb-src http://security.debian.org/ lenny/updates main
    
    deb http://volatile.debian.org/debian-volatile lenny/volatile main
    deb-src http://volatile.debian.org/debian-volatile lenny/volatile main

    編集していたら、これ以外の状態もありえます。

    でもって、こんな感じにdeb ftp://ftp.debian-multimedia.org lenny mainを追記する
    # 
    # deb cdrom:[Debian GNU/Linux 5.0.0 _Lenny_ - Official i386 NETINST Binary-1 20090214-16:03]/ lenny main
    
    # deb cdrom:[Debian GNU/Linux 5.0.0 _Lenny_ - Official i386 NETINST Binary-1 20090214-16:03]/ lenny main
    
    deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ lenny main
    deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ lenny main
    
    deb http://security.debian.org/ lenny/updates main
    deb-src http://security.debian.org/ lenny/updates main
    
    deb http://volatile.debian.org/debian-volatile lenny/volatile main
    deb-src http://volatile.debian.org/debian-volatile lenny/volatile main
    
    # 下の一文を加えたよ。
    deb ftp://ftp.debian-multimedia.org lenny main

    行の先頭に#を書くと、aptitude(やapt-getやSynaptic)のソフトは/etc/apt/sources.listを解析する時にその行を無視します。なので#を上手く使えば自分が後から見て何を書き加えたかなどを分かりやすくすることができます。

  4. 編集が終わりましたらソースコードのアップデートをします。

    # aptitude update

    その後、アップグレードもします。

    # aptitude safe-upgrade
  5. 目的だったmozilla-acroreadをインストール。

    # aptitude install mozilla-acroread

以上の操作でIceweasel上からPDFファイルを見ることが出来るようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加