夏休みの宿題にホームページを作ろう

htmlタグ

アイキャッチ

htmlタグ(html文書の始まりを表す)

htmlタグはhtml文書であることを意味しています。html文書は基本的にhtmlタグから始まります。

htmlタグを使ったhtml文書の例
<html>
<head>
<title>htmlタグとは</title>
<body>
<p>htmlタグはhtml文書で基本的に最初に書かれるタグのことです。</p>
</body>
</html>

htmlタグを使ったhtml文書の例

html文書は基本的に<html>で始まり、</html>で終わらなければなりません。

例外としては、<html>を書く前にDTD(ドキュメントタイプ宣言)、あるいはxml宣言を書く場合があります。

htmlタグの前にDTD宣言が行われている例
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
  "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html>
<head>
<title>DTDとは</title>
<body>
<p>html文書ではDTD宣言を行うのが理想ですが、DTD宣言を行わなくても表示できます。</p>
</body>
</html>

htmlタグの前にDTD宣言が行われている例

DTD宣言は簡単に言えばそのhtmlがどのバージョンの書き方で書かれているかを宣言するものです。詳しい話はDTD宣言の説明を参照してください。

html文書がInternet Explorerなどのブラウザや検索ロボットなどに解析される場合、それらのプログラム(ブラウザ、ロボットなど)は文章の上から順番に下に向かって解析していきます。つまり、一番最初に<html>というタグが無いと、プログラムは「それがhtml文書である」と仮定して解析することが出来なくなってしまいます。そして、</html>で終わることによって「html文書が終わったんだな」とプログラムが認識できるわけです。その為にhtml文書は<html>で始まり、</html>で終わらなけれなければならないのです。

ただ最近はhtml文書を解析するプログラムの性能も向上しているので、場合によってはhtmlタグが無くてもhtml文書として認識される場合があるかもしれません。

最近では、htmlではなくxhtmlでウェブサイトを作る場合も増えてきました。xhtmlでサイトを作る場合も基本的には<html>で始まり</html>で終わります(事前にxml宣言やDTD宣言が必要ですが)。<xhtml>なんていうタグは存在しません(少なくとも今のところ)。

htmlにはlang属性をつけて、どんな言語をベースとしてhtml文書が書かれているかを書くことができます。

htmlタグにlang属性を使った例
<html lang="ja">
<head>
<title>lang属性とは</title>
<body>
<p>lang属性でベース言語を指定できます。日本語のウェブサイトを作るときはjaを指定しましょう。</p>
</body>
</html>

htmlタグにlang属性を使った例

日本語のサイトを作るときはjaを指定しましょう。以下にja以外の例を示します。

lang属性に指定できる物
指定意味
en英語
frフランス語
deドイツ語
itイタリア語
nlオランダ語
elギリシャ語
esスペイン語
ptポルトガル語
arアラビア語
heヘブライ語
ruロシア語
zh中国語
ja日本語
hiヒンディー語
urアルドゥー語
saサンスクリット語

htmlにはdir属性をつけて文字を左から右に読むか、または右から左に読むかを指定できます。

htmlタグにdir属性を使った例
<html dir="LTR">
<head>
<title>dir属性とは</title>
<body>
<p>日本語は左から右に読みますが、昔は右から左に縦書きでが基本でした。知っていましたか?</p>
</body>
</html>

htmlタグにdir属性を使った例

左から右へ読む場合はLTRを、右から左へ読む場合はRTLを指定します(ちなみにそれぞれLeft-to-right、Right-to-leftの頭文字です)。

このエントリーをはてなブックマークに追加