夏休みの宿題にホームページを作ろう

ホームページって、一体どんな仕組みなんだろう?

アイキャッチ

1.インターネットの仕組み

ホーム君「やったぜ!今日から夏休みだ!遊んで遊んで遊びまくるぜ!」

?「待ちたまえ!」

ホーム君「だ、誰だ!?」

サイトメーカー「初めまして、ホーム君。私はウェブサイト星からやってきた宇宙人、サイトメーカーだ。君は夏休みのことで頭が一杯のようだが、何か大事な事を忘れていないかね?」

ホーム君「大事な事……。幼稚園の頃の彼女へのあの熱き思い……?」

サイトメーカー「そういうボケはいらないんだ。進行はテキパキいこう。君には夏休みの悪魔。自由研究があるはずだ!」

ホーム君「そ、そうだ!すっかり忘れていた……。でも、自由研究で一体何をすれば良いのか分からない……」

サイトメーカー「そう。そこで今年の夏は僕と一緒にホームページでも作ってみないか?」

ホーム君「ホームページ?でも、お金がかかるものはちょっと……」

サイトメーカー「いやいや。実は今の時代、ホームページは無料で作れるんだ」

ホーム君「え?無料で?マジっすか?」

サイトメーカー「マジっすよ」

ホーム君「でも、パソコンとかあんまり詳しくないし。頭もよくないし」

サイトメーカー「大丈夫!ホームページを作るのなんて、夏休みの朝7時に目覚まし時計なしで起きるよりも簡単さ!」

ホーム君「そうなんだ……。でも、ホームページって宿題として提出する時にどうやって提出するの?」

サイトメーカー「自分で作ったホームページをプリントアウトして提出すれば良いさ」

ホーム君「うーん……、よし!やってみるよ!」

サイトメーカー「そうこなくっちゃ!今日はとりあえずインターネットでホームページを見るときの簡単な仕組みを教えるよ!多分、みんなが思っているホームページのイメージってこんな感じだよね」

みんなが思っているホームページのイメージ

サイトメーカー「これはインターネットを通じて世界中の人がパソコンからホーム君のパソコンにあるホーム君が作ったホームページを見ている図だ。でも、このやり方は少し問題がある」

ホーム君「え?どうして?」

サイトメーカー「自分のパソコンを『インターネットの世界に開く』と、悪い人たちにホームページのためのデータ以外の大事なデータを盗まれたりする危険があるんだ」

ホーム君「『インターネットの世界に開く』?僕の家のパソコンはもうインターネットとつながっていて、いろんなサイトを見に行けるけど?」

サイトメーカー「『ホームページを見にいく』のと『ホームページを作って公開する』のは少し違うんだ。ホームページを見にいくのは『観光旅行に行く』イメージ。ホームページを公開するのは『自分の家にどこから来たか分からない正体不明の観光旅行者を招き入れる』イメージかな。だからさっき『インターネットの世界に開く』っていう表現をしたんだ。家に招き入れた観光旅行者の中には悪い人もいて、ホーム君の貯金箱を盗むかもしれない」

ホーム君「それは怖いな」

サイトメーカー「そこで、今回は安全にホームページを作って公開する事が出来るこんな方法を使う」

これから作るホームページのイメージ

サイトメーカー「これは、ホーム君が作ったホームページのデータを『美術館』に送って、ホーム君のホームページを見たい人はその『美術館』に見に行く、というイメージだ。これなら、ホーム君のパソコンに直接人がデータを見にくるわけじゃないから安心だ」

ホーム君「『美術館』?」

サイトメーカー「そう。この『美術館』にいろんな人が場所を借りてホームページという『作品』を公開しているんだ。美術館の名前は『レンタルサーバー』。無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバーがあるけど、僕達は無料のレンタルサーバーYahoo!ジオシティーズを借りよう。まぁ、無料だから無理やりホームページの上に広告が載せられちゃうんだけど、それは仕方がない。ホームページの作り方になれてきたら、ぜひ広告がつかない有料のレンタルサーバーを借りてみてほしい。さて、次回は無料メールを手に入れよう

このエントリーをはてなブックマークに追加