株式投資ビギナー

例え株の勉強をしていたとしても、プロスペクト理論を克服できなければ意味がない。

アイキャッチ

30.プロスペクト理論を克服しないと何も始まらない

もしあなたが投資初心者ならば、まずやるべき事はプロスペクト理論の克服だ。

最初の記事(1.株式投資を始めよう)で、ほとんどの人がそもそも株の勉強をしていないので、株で儲けることができないと言った。株を勉強しない人のクリティカルな問題はプロスペクト理論の存在を知らないことだ。

プロスペクト理論とは「人間は本能的に利益はすぐに確定したがる傾向があり、損失はいつまでも確定したがらない傾向がある」という理論だ。この結果、人間は「株で小さな含み益が出ると、その後も利益が伸びる可能性があるにも関わらずすぐに利益を確定してしまい、逆に含み損に対しては損失を確定したくないがために損切をせずに放置し、その結果損失が取り返しのつかない状態に陥る」ということだ。

もしあなたの現在の株のポートフォリオの状態が『小さな含み益と大きな含み損で構成されたポートフォリオ』であれば、あなたは典型的な「株で儲けることができない人のポートフォリオ」だということだ。株で勉強しない人は、そもそもそのポートフォリオが稼げない人の典型的なポートフォリオの状態だということにすら気づけない。

株で儲けられる人の典型的なポートフォリオの状態は、これと全く逆の状態――『大きな含み益と小さな含み損で構成されたポートフォリオ』だ。つまり、株は例え含み益が100%を超えてもずっと持ち続けることができ、逆に含み損に関しては損失が大きくなる前にさっさと損切りできる人が株で儲けられる人、ということだ。

株初心者は『株は例え含み益が100%を超えてもずっと持ち続けることができ、逆に含み損に関しては損失が大きくなる前にさっさと損切りできる』ように訓練しなければならない。プロスペクト理論を克服することで、ようやくあなたは投資初心者を脱することができるのだ。

また、もしどう頑張ってもプロスペクト理論を克服できないようであれば、投資手法を「配当金狙い・株主優待狙い」の投資に変更してみてほしい。

以前、24.配当金についての記事で、「配当金・株主優待目的で投資をして億を超えた人も多い」という話をした。こちらの記事で紹介したサイト以外に、個人投資家1.3万人調査 負け組はハイレバレッジ好き|マネー研究所|NIKKEI STYLEでも、勝ち組投資家に「高配当・優待狙いのコツコツ投資」が多いという調査結果が出ている。

なぜ勝ち組投資家に「配当金狙い・株主優待狙い」の投資家が多いかと言うと、配当金・株主優待をもらうためには株を持ち続けないといけないから……つまり、「含み益が小さいうちにすぐに利益を確定してしまう」というプロスペクト理論の罠を攻略できるからだ。おそらく「配当金・株主優待狙い」が、誰でもプロスペクト理論を克服できる最も簡単な方法なのだ。

過去記事で何度か配当金狙いの投資について話をした。個人的には、配当利回りが低くても、年々配当金が増えていっている株への投資がお勧めだが、世の中には素直に配当利回りが高い株に投資して億を超えた投資家もいる。配当利回りの高さに着目して投資して億り人になった人で有名なのはwww9945さんです(参考:夢の配当金生活を実現する「高配当株」の選び方!年間850万円の配当収入で悠々自適な生活を送る、スゴ腕個人投資家の高配当株投資の儲けワザとは?|個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!|ザイ・オンライン)。www9945さんのブログがwww9945の公開プロフィール - 楽天ブログでtwittterが@sp500500です。

また、株主優待目的の投資家ではみきまるさんという方が有名です。みきまるさんのブログはみきまるの優待バリュー株日誌 - 楽天ブログでtwitterが@mikimarufundです。

もし配当金狙いや株主優待狙いの投資をするようであれば、上記の方のブログやtwitterなども参考にしてみてください。

プロスペクト理論さえ克服できれば、資産は増えていきます。

次回、31.株初心者は攻撃が足りない。株中級者は防御が足りない。

このエントリーをはてなブックマークに追加