文学ファイター

「ぶつぞう」「どうぞう」

アイキャッチ

ぶっきょー

どうせ死ぬのになぜ生きるのか」という素晴らしいタイトルの本を見つけたので買って読んだら、結局こいつも仏教の話を始めやがった。この手の本はみんな仏教の話をしたら許されると思ってやがる。

私は許さない。

間違っていてもいいから、もっとその人個人の考えを聞きたいわ。

例えば一般的な「人生は死ぬまでの暇つぶし」っていう考えも、この考えに個人的な意見を織り交ぜつつ書いたら、充分面白い本になると思うのに。

なのに皆仏教、ぶっきょー。意見の多様性はどこに行ったんだ。

そんなに仏教なのか。ほんとに仏教なのか。

と思って仏教の本も読んだ。

なんか禅僧とかカッコいいよね!禅僧だし!

と思って禅僧が書いた本を読んだけど特に心に響かなかった。

やっぱ仏教といえば原始仏教だよね!原始だし!

と思ってググりまくったらアルボムッレ・スマナサーラっていう人が有名人らしくて、その人の本を買って読んだけど、特に心に響かなかった。

仏教関係で唯一「この本めちゃくちゃ良いな」って思ったのは「超訳 ブッダの言葉」だけですね。

この本でのみブッダは良いことを言っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加