文学ファイター

アーリーリタイアの問題対策の話。

アイキャッチ

アーリーリタイア問題カウンタープラン

アーリーリタイアの現実でアーリーリタイアの問題を書いたけど、実はアーリーリタイアに伴って生じる問題についてはある程度想定していました。なぜならアーリーリタイアをする前にセミリタイア生活失敗・・・だがもう元には戻れないというブログを見ていたからです。

このブログの人は、社会からの孤独感を感じすぎて再度アルバイトで働き始めた人です。私も社会からの孤独感を感じてしまう可能性は十分に考慮していました。しかし、私は働きたくは無いのだ。『日本は「お客さん」として楽しむ国であって、「労働者」としてやってくる国ではない』というような言葉を聞いたことがあります。私はお客様でいたい。私がもし孤独感を感じてしまったらどう対応するか。2つカウンタープランを考えました。「なんらかの習い事をする」か「起業して人を雇う」です。

なんらか習い事をすれば、教室で友達もできるでしょう。しかも生徒は「お客様」の立場だし。そのうえ、何かのスキルを学べる。完璧なカウンタープランだ。正直セミリタイア生活失敗・・・だがもう元には戻れないのブログの人は働くのではなく、何かの習い事をすればいいのに、と、ひそかに思っている。直接メッセージを送ったことは無いけど。

起業して人を雇うという選択肢も、「無職」を脱せるし人とのつながりも持てるでしょう。そもそも労働は誰かの下で行うから辛いのであって、自分が一番上で働いたらそこそこ楽しいのではないか?こちらもそこそこなカウンタープランだ。

で、最近ヒマだし、習い事か起業かしようかなと思ったけど、例えば習い事を週一でやるとして「この先50年間週一で習い事するか?」って思った。同じ日常がループするよりは、何かもっと事業拡大とか会社倒産とかもうちょっとちゃんと人生にイベントがある方がいいな、と思って最近は起業をしたいと心に決めている。

また、事業も不動産投資にしようと思ってる。たぶん不動産投資はきちんと勉強しさえすれば「起業」というカテゴリの中では、そこそこ失敗しない方の業種だと思う。ただ、今私働かずに普通の生活を普通に送る程度のお金はあるけど不動産投資に手を出すリスクを冒していいほどのお金は持ってない。なので早く好景気来て株価上がらないかなと思ってる。

私以外の株式投資専業の人に関して検索したことがあるけど、ある株式投資専業の人が「不動産投資に手を出して、ようやく久しぶりに社会とつながった」って書いていたので、やっぱり皆考えることは一緒だなって思いました。株式投資の強みは「自分一人で投資が完結すること」であり、株式投資の弱みも「自分一人で投資が完結すること」なんだよね。その気になれば誰とも関わらずとも生きていけてしまうから、そこがちょっと問題な気がする。やっぱり最低限社会とつながった方がいい。なので、もしこの記事を見ている「株の専業投資家を目指している人」がいたら、株の専業投資家を実現した後は、さらに資産を増やした後に不動産投資に手を出すといいよ。無職じゃなくなるし。社会ともつながれるし。

ちなみに「アーリーリタイアした後何もしてないの!?」って聞かれると、実はちょいちょい遊びに行ってる。一人で一日旅行にも行ってみたし、株主総会にも初めて行ってみた。ただ、毎日遊びに行ってるかと言うとそんなことは無くて、ごくごくたまに遊びに行ってる感じ。なぜならそんなに慌てて遊ばなくても、この先50年間暇だからだ。

たぶん私は生きるのが下手で、お金を使った人生の楽しみ方を知らないのだと思う。もしお金を使った人生の楽しみ方を知っていたら、私はもっとバリバリ毎日を楽しんでるかもしれない。でも、もし私が「お金を使った人生の楽しみ方」を知っていたら、そもそもアーリーリタイアできるほどお金を貯められていないので、あちらを立てればこちらが立たず?なの?慣用句の使い方あってる?知らんけど。

というわけで、不動産投資で起業できるほどに資産が増えるまでは私は相変わらず暇である。毎日バリバリ遊びに行くか?と聞かれると、私はそんな感じな性格でもないし。根っからのインドア派だし。

最近は世界一の歴史サイトを作ってる(History Blue)。会社を辞めてやることが、海外旅行しまくりでもなく、外食巡りでもなく、ウェブサイト作りな所が私の内向的な性格を大変よく表している。私はこの歴史サイトを世界一の歴史サイトにし「世界一の歴史サイトを作った男」として歴史に名を残して死のうかと思う。

ちなみにこの歴史サイトの絵はほとんど私が描いてる。「ダメだ。絵を描くのが面倒くさい。大人の力を使ってみよう」と思って、一回だけお金を払って人にお願いしたら、10枚の絵で2万円以上して「高い。人に依頼して絵を描いてもらうのは高い」と思って、それ以降は諦めてただひたすら一人でコツコツ絵を描いてる。ちなみにこのサイト、まだ作成し終わってない。当たり前だよ。歴史だもの。歴史上の出来事なんて無限にあるよ。描いても描いても終わらないよ。一人で500枚以上絵を描いたのにまだ終わらない。マジかよ。

ついでに、なんで最近またガルニモの更新を始めたかと言うと「第一次そろそろHistory Blue作るの飽きてきた期」が来たからだ。大丈夫。また段々とHistory Blueを更新し始めよう。

正直言って世界一の歴史サイトを作る気はあるけど、世界一の歴史サイトで儲ける方法は全く思いつかない。つまりこれは純粋に私の人生の思い出として世界一の歴史サイトを作ってる。

最終的には起業して事業内容を「不動産投資」と「歴史サイト作成」にして、「不動産投資」で稼ぎつつ、従業員皆で、全くお金にならない「世界一の歴史サイト作成」をやりたい。皆で絵を描く適当な一日を送りたい。

というわけで、アーリーリタイアの現実でアーリーリタイアはお勧めしないと書いたけど、正直お金と時間さえあれば問題に対応できるので、やっぱりアーリーリタイアお勧めだな。

このエントリーをはてなブックマークに追加