適当プログラマー

新しくパソコンを買うのってワクワクしますね。

Windows7は32bitと64bitのどちらのバージョンを買うべきか

パソコンが古いのでいい加減買い換えたいなーと思っていましたが遂にWindows7が発売されたということでこれをきっかけにパソコンを新しく買おうかと思います。

問題は32bitと64bitのどちらのバージョンのWindows7を買うかということです。

64bitのバージョンを買うメリットの一つは4ギガ以上のメモリを使えることです。しかし一般的なパソコンユーザーであれば4ギガ以上ものメモリは必要ありません。

また64bitバージョンの場合、32bitで使えていたソフトウェアが使えなくなる場合が稀にあるそうです。

冷静に考えれば私は4ギガバイト以上のメモリを必要としていません。使うのはネットとプログラミングくらいです。プログラミングをするのにも特に高級なソフトを使っているわけでは無いので1ギガもあればむしろリッチなのです。

さらに、家のプリンタが使えなくなる可能性があるのがちょっと怖いなというのもあります。つまり冷静に考えればなんら迷う必要が無く32bitのWindows7を買うべきなんです。

しかし。そんなお前に問いたい。「そこにロマンはあるのか?」と。

少なくとも32bitよりは64bitの方が機能的には上なんです。必要ないとかじゃなくて、そこに未来があるんです。

でもロマンチシストは往々にしてバカを見ます。騎兵隊というロマンを持ったポーランド軍は現実主義者であるドイツの戦車部隊に破れました。日本で天下をとったのは夢を語った信長でもなくアイデア屋の秀吉でもなく「時期が来るまでただ待った」という現実主義者の家康です。戦場で蝶を追って塹壕から頭を出したら脳髄を狙撃される運命なんです。

現代社会という戦場を生き残るためには常にリアリストであるべきなんです。

でもですよ。長期的な視野に立った場合、果たして64bitの世界はすぐそこまで来ているのか?それとも64bitのパソコンが一般に広まるのはまだまだ先なのか?

ネットで調べると「64bitの時代はまだまだ先」という声が多いです。ですが、ネットの前評判は基本的に信用できません。Windows XPが出た当初、XPはぼろくそに言われていて、そんな中親がXPのパソコンを買ってきたときは「何を考えているんだ」と思ったけどその後順調にSP1、SP2のバージョンアップで評判を上げ「XPを買ったうちの親はすげぇな」と思ったものです。

パソコンを買ったら少なくとも5年は使いたい。Windows Vistaの場合は2007年に発売されて、そして2009年の今年に次のWindows 7が発売されている。調べてみるとどうやらXPだけが特殊で、基本的には3年周期くらいで新しいOSが出るらしい。つまり、5年使っていると必ず間に一回さらに新しいWindowsが発売される。果たして未来のWindowsは64bitオンリーなのか?それともやはりまだ32bitバージョンも出るのか?

最終的に「64bitが普通」という流れに世間がなるのなら今から64bitにしておきたい。「32bitから64bitに変えるよー」と後で変えるのはなんだか負けた気分になる。

そうだ。今一体どちらのバージョンのWindowsを売っているメーカーの方が多いのだろう?そう思ってググったらSONYが全パソコン64bitだった。これを見て思ったね。「それでこそソニー」と。

そう、それでこそ。それでこそですよ。これが他のメーカーみたいに32bitがたくさん。64bitがちょっと。だったら何も思わなかったけど全て64bitだからこそ思った「それでこそ」。

SONYといったらあれですよ。昔はウォークマンを作ったりパスポートのサイズのビデオカメラを作ったりと、日本人の憧れ。未来を作ってくれる会社。アイボを作ったときも、まったく役に立たないおもちゃだったけど、でもそれでこそSONYって思えたよね。

でも最近ダメだよね。ダメダメだよね。SAMSUNGにケチョンケチョンに負けてるよね。ソニーよ。お前はめちゃくちゃ方向性を間違ってるよ。お前らの目標は会社を大きくすることじゃないだろ?夢を作ることだろ?

なのにお前らは「ソフトウェアの方が利益率がいいから」っていう理由でハードウェアを切り捨て始めたね。「ソフトウェアで○○が作りたいから」じゃなくて「利益率がいいから」と言う理由で。

はぁ?と。お前は舐めてるのか?と。そりゃソニーが大きな会社になればなんとなく日本人としては嬉しいけど、ソニーがアトムを作ってくれた方がもっと嬉しいよ。SAMSUNGが大きな会社になっても何も思わないけどSAMSUNGが先にアトム作ったらめちゃくちゃ悔しいよ。

たまに「韓国は日本の部品を使わないと作れないのだから、日本の方が儲けているのだ」という話を聞くけど、はあ?日本の中にもTOYOTA向けに部品を作ってる中小企業があるけどその中小企業はTOYOTA向けに部品を作ることを誇りに思っていて「結局TOYOTAを利用してやってるのだ」とは思ってないよね?っていうかそれは何て言う負け惜しみ?

っていうか世界向けの製品を日本が作っても世界で売れるわけねぇよ。世界に比べて過度に技術が発達してしまってるんだぜ?まず外国人にとって日本製品は高い。価格競争力で外国に負けてる。んでもって、外国人の思いになって考えてみると「外国向けに機能を抜いて安くしたよ」って言われたらむしろ「舐めてんのか?」って思うよ。

それなりに人口がいて、かつ国土が狭い。これは外国向けに製品を作らなくてもそれなりにやれちゃうっていう強みのような弱みのような面もあるけど、むしろ新しい技術を普及させるっていう面においてはすごい有利ですぜ。

アメリカで光ケーブルをひこうとしても国土が広すぎてそう簡単に行かないけど日本だったら国土が狭いおかげで結構簡単に新しい技術を導入できるんだよ。むしろ世界に目を向けずに日本だけで未来を生きようぜ。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

ということでお前らは歴史を学べよ。日本は常に先進技術を導入することで発展してきたんだよ。あらゆることにこだわることで文化を発達させてきたんだよ。

お茶に宇宙を感じた千利休を尊重するくせにお風呂上りの一杯の牛乳に宇宙を感じない時点でお前は千利休に負けてるんだよ。全てのものに神を感じた祖先を持つくせに便所で神の息吹を感じない時点でお前は先祖に負けてるんだよ。

もっとこだわれよ。もののあり方に。技術に。未来に。

64bitに宇宙を感じろよ。神を感じろよ。

なんで日本がアジアで一番になれたかというと異国の野蛮人の文化が、実は未来を生きてるのに気づいて必死にその技術を取り込んだからだろ。中国は伝統を選択し、日本は未来を選択したからこそ日本はアジアで一番になったんだろ。お前らはそれでも黒船の大砲を花火のように喜んだ先祖の子孫か!?

お前らが次に一番になる時は宇宙人が攻めてきたときだろ。アメリカが戦争の準備をしている横で、宇宙人のハイレグの服をマネしだすのが日本人だろ。

明治維新では先に西洋と対峙した中国の様子見をして今後の行動を決断できたけど、今度はアメリカ、中国、ヨーロッパの宇宙人との接触を様子見しながら今後の行動を決められるだろ。宇宙から見たら「島の上にたくさんの人間がいる」「海の上にはいない」っていう理由だけで大陸国が宇宙人の攻撃の第一目標になる可能性大だ。島国であったことに感謝するんだ。宇宙時代はイギリスと日本どちらが天下をとるかで覇を競うんだ。

そんな200年後の宇宙時代を前にお前らは32bitを選択するのか?常に未来を生きる日本人が「古いテクノロジーが使えないから」という理由でむしろ過去のテクノロジーを選択する?ケッサクだね!

そんな錆びれちまった日本人の前に現れた「全パソコン64bit」のソニー。お前はまだ頑張れるよ。今からでもいくらでも復活できるよ。まだ遅くないから「儲かるから」という理由でソフトウェアに力を入れずに「面白そうだから」という理由でアトム作れよ。ガンダム作れよ。ドラえもん作れよ。エヴァ作れよ。美少女ロボット作れよ。

っていうか資本主義社会においては技術は進化することを強制されるんだよ。いつまでも32bitのままだったら「じゃあ今のパソコンのままでもいいじゃん」ってなってパソコンが売れなくなる。それは困るから家電業界は技術を発達させて「買う目的を持たせ」ざるを得ないんだよ。つまり一般人に必要か必要でないかに関わらず最終的には64bitにせざるをえないんだ。

それに今は「不必要な高度化だなー」って思っていても未来から見ると「当時はしょぼかったなー」ってことが度々ある。黒電話の時代は電話を持ち歩く必要性なんて感じなかったし、パソコンが無い時代はテレビと新聞で十分だった。

今のパソコンはネットでリンクをクリックすると0.5秒くらいで次のページに切り替わるけど、多分この0.5秒が無駄な時間だと思うね。将来はもっとテレビのチャンネルを切り替えるみたいにさくっとページが変わると思う。

ていうか下手に32bit、64bitという知識をもっている中途半端な僕みたいなユーザーが32bitパソコンを買うと、何も知らずにSONYでパソコンを買った初心者ユーザーにパソコンの性能で負けてることになるんだぜ?悔しくないのか?

実は64bitパソコンっていうのはWindows XPからあるらしいぜ?つまり、64ビットの流れをバレーボールに例えると、「レシーブ」=「Windows XP」、「トス」=「Windows VISTA」、「アタック」=「Windows 7」。レシーブで32bit主流という大きな流れの攻撃をなんとか受け止めて、トスで64bitのパソコンの普及率を上昇させて、そしてアタック。つまり、攻めの姿勢で64bitパソコンを買えということですよ。アタックしなさいよアタック。

起承転結でいえば「起(WindowsXP)」で64bitが起こり、「承(Windows VISTA)」でそれを受けて64bit化が広まり「転(Windows7)」で32bitから64bitへの転換が本格的になり「結(未来のWindows)」で完璧に64bitになるんですよ。そうに決まってる。間違いない。

もう64bitにするのに何の迷いもないわっ!「64bitは少しだけ売って、32bitをたくさん売るという安全牌手法」の企業にはがっかりだよ。対してソニーの全製品64bit化は讃えるべき英断だと思う。応援するべきだ。そう思った僕はソニーのデスクトップパソコンVAIOを買おうと思ったけど「メーカー製のパソコンって不要なソフトウェアが山ほど積んでんだよなー。いらないのに」って思ってエプソンダイレクトでWindows7 64bitのものを買った。頑張れエプソン!

このエントリーをはてなブックマークに追加