Linuxゲリラ戦記

suコマンドの使い方

suコマンド(ユーザーの変更)

su [-] [username [args]]
ユーザIDを変更する。またはスーパーユーザになる。そのユーザーにならなければ行えない作業、またはスーパーユーザー(rootユーザー)にならなければ行えない作業を行いたいときに使う。

使用例

$ su
スーパーユーザーになる(環境変数はsuする前のユーザーのものを引き継ぐ)。スーパーユーザーのパスワードの入力が必要。
$ su -
スーパーユーザーになる。(環境変数も純粋なスーパーユーザーのものになる)。スーパーユーザーのパスワードの入力が必要。
$ su 一般ユーザー名
今のユーザーから(もしその名前のユーザーがLinuxに登録されているなら)そのユーザーになる。対象のユーザーのパスワードが必要。(ちょっと変だが)現在の自分から現在の自分になることもできる。試してみてね。
$ su sayaka
今のユーザーから(もしsayakaユーザーがLinuxに登録されているなら)sayakaユーザーになる。sayakaユーザーのパスワードが必要。
$ (suコマンドを行った後に)exit
suコマンドを終了し、元のユーザーに戻る。
# su sayaka
スーパーユーザーからsuコマンドを使った場合は、パスワードなしでそのユーザー(例ではsayakaユーザー)になれる。

suコマンドを使った後にさらにsuコマンドを使って、二重にユーザーを変更する事も可能。さらに、三重、四重にユーザーを変更する事も可能。exitコマンドを打てば、その一つ前のユーザーに戻る。さらにexitコマンドを打てば、さらに一つ前のユーザーに戻る。

このエントリーをはてなブックマークに追加