Linuxゲリラ戦記

このゲームを知らないとか、さては貴様、外国のスパイ!?

83.C言語の基本

ナックス「さて、今日からC言語の基本を勉強します」

デビー君「はーい」

ナックス「ただし、私は別にC言語のプロとかじゃないので、間違いとかあるかもしれません」

デビー君「えー、そうなの?」

ナックス「もし私の解説の中で間違いをみつけたら、私に向かって、厳しくこうメールを叩きつけてください」

ナックス「『どんまい』」

デビー君「!!?」

ナックス「よし。というわけでC言語で難しいプログラムとか作れないので、今回は簡単なゲームを作って基本だけでも学びましょう」

デビー君「ゲーム?」

ナックス「と言っても、今までC言語の解説の例で示した『あなたご飯にする?お風呂にする?それともタ・ワ・シ?』の文章を見て、既に皆さんは何のゲームを作るかおおよその検討はついていると思います」

デビー君「え?この文章で思いつくゲームなんかないよ?」

ナックス「もちろん日本人なら誰もが知っているこの国民的ゲーム」

デビー君「え??え??」

ナックス「『新妻』です!!」

デビー君「『にいづま』!!??」

ナックス「日本国民は皆、『新妻』で遊んでいます!!」

デビー君「日本国民は皆、『にいづま』で遊んでいる!!??」

ナックス「おやおや、まさかデビーくんは新妻を知らないのですか?」

デビー君「そんなに新妻っていうゲームは有名なの?」

ナックス「よろしい、新妻ゲームがどのようなゲームかお教えします」

デビー君「はい」

ナックス「お風呂はご飯に勝ち、ご飯はタワシに勝ち、タワシはお風呂に勝つ、というゲーム――」

デビー君「……それって、もしかしてジャンケn」

ナックス「新妻です!!」

ナックス「今回C言語で作るゲームは、ざっくりといえば、ユーザーとプログラムが『新妻ゲーム』で対戦できる、というプログラムです」

ナックス「今日は『新妻ゲーム』をする際の掛け声を表示するところまでを作りましょう」

デビー君「かけ声??」

ナックス「日本のマイナーなゲーム『じゃんけん』で言うところの、『最初はグー、じゃんけん……』のところです」

デビー君「(もう新妻ゲームだけで説明することをあきらめて、ゲームの内容を『じゃんけん』で説明してる……!!)」

ナックス「皆さんもとっくに知っていると思いますが、新妻ゲームの掛け声は『あなたご飯にする?お風呂にする?それとも、タ・ワ・シ?』です」

ナックス「というわけで75.C言語で初めてのプログラミングも参考にしつつ、好きなテキストエディタで以下の内容を記述して、niduma.c というファイル名で保存して……」

#include <stdio.h>

void main()
{
	printf("あなたご飯にする?\n");
	printf("お風呂にする?\n");
	printf("それとも、タ・ワ・シ?\n");
}

ナックス「gccでコンパイルしましょう」

$ gcc niduma.c -o niduma

ナックス「そして、実行」

$ ./niduma

ナックス「実行すると、次のように表示されるよ」

あなたごはんにする?
お風呂にする?
それとも、タ・ワ・シ?

ナックス「内容は75.C言語で初めてのプログラミングとほぼ同じなので、皆さん75.C言語で初めてのプログラミングをカンニングしながら作ってね」

ナックス「できました?」

デビー君「できました!!」

ナックス「次回、ユーザーにどの手を出すかの選択肢を表示する(予定)」

このエントリーをはてなブックマークに追加