Linuxゲリラ戦記

「『あなたが好き』という気持ちを、tmpディレクトリに置いておいたわ」
「ちょっと待ってそれどういう意味?」

70.tmpディレクトリの話

ナックス「今日は画像収集プログラムの作成を一歩進めよう」

デビー君「はーい」

ナックス「といっても、基本的な考え方はGoogleのAPIを使って作成した画像収集プログラムと同じです」

ナックス「前回は、大量の画像のアドレスを次々とファイルに出力して(書き込んでっていう意味です)そのファイルに対して以下のwgetコマンドを使用しました」

$ wget -i ファイル名

ナックス「このコマンドでファイルに書かれているアドレスから、画像を一気に取得することができます」

ナックス「で、ダウンロードし終わった後はこのファイルはもう不要なので削除したのでした」

ナックス「ということを覚えていますか?」

デビー君「いいえ。まったく」

ナックス「でしょうね。だけど、今回話したい内容は、デビー君がいかに忘れっぽいかではなく、この大量の画像アドレスを書き込んで、ダウンロード後に削除する、この一時的に使用するファイルのことです」

デビー君「ほう?」

ナックス「プログラムの処理のために一時的に使用するファイル、これはプログラマーの中でよく言われるテンポラリファイルのことではなかろうか?」

デビー君「プログラミングの処理で一時的に使うファイルのことをテンポラリファイルっていうの?」

ナックス「うん。多分」

デビー君「多分か……」

ナックス「で、実はLinuxにはテンポラリファイル用のディレクトリがある。それがtmpディレクトリだ!!」

ナックス「tmpディレクトリはrootディレクトリ(一番上のディレクトリ)にあるよ」

デビー君「へー。見てみよう」

$ cd /
$ ls -l

tmpディレクトリ

デビー君「本当だ。しかもディレクトリのパーミッションがdrwxrwxrwxになってる!誰でも書き込みできるんだね」

ナックス「そうです。ググったところ、tmpディレクトリにファイルやフォルダを置いておくと、ある一定の期間、もしくは再起動時などに自動的に削除されるそうです。まさに一時的に使うファイルを置くためだけのディレクトリ!」

デビー君「へー」

ナックス「ただ、ディストリビューションによって削除されるタイミングが違うそうです」

ナックス「どうやらDebian系の場合は基本的には再起動時に削除。Redhat系では一定時間経ったら削除。ただし、Debian系は設定ファイルをいじることで再起動時ではなく、一定時間経ったら削除というように、挙動を変更できるようです。補足に参考サイトを載せたので見てみてね」

デビー君「はーい」

ナックス「というわけで、今回作成するプログラムでは私達もtmpディレクトリの中に一時ファイルを作成して、プロな気分に浸ろうと思う」

デビー君「いいねぇ」

ナックス「次回、71.tmpディレクトリの話2

このエントリーをはてなブックマークに追加