Linuxゲリラ戦記

ひらけゴマ!!

55.LinuxのコマンドからCDトレイを開く

ナックス「今回は!意味もなく!CDトレイを開けます!!」

デビー君「CDを開けるの?トイレを開けるの?」

ナックス「だまれ小僧!黙って以下のコマンドを実行してみよ!!」

$ eject

デビー君「……何も起きない……」

ナックス「落ち着いて、まわりをよく見てみよう。何かに気がつかないかい?」

デビー君「……あ!!今日はとびきり良い天気だ!!」

ナックス「ちゃうわー!!パソコンにCDを入れるところがあいてるでしょ!!」

デビー君「あれ、本当だ。もうパソコン古いからな……。ちゃんと閉まらなくなってるのかな……」

ナックス「違うよ!!ejectコマンドは、CDをいれるところを開けるコマンドだよ!」

デビー君「えー?Linuxでそんなことできるのー?」

ナックス「マジだよ。CDを入れるところをCDトレイっていうんだよ。一回閉めて、もう一回コマンド打ってみてよ」

デビー君「えーっと、eject……」

デビー君「うおっ!!マジだ!!すげぇ!!」

ナックス「ちなみに、CDトレイを閉めるコマンドも一応あるよ」

$ eject -t

デビー君「あれ?エラーが出てしまらない」

ナックス「そうだよ。高機能なパソコンでしかコマンドでCDトレイを閉められないよ。多分、皆さんの家庭の普通のパソコンでは閉まらないことが多いと思うよ」

デビー君「へー」

デビー君「で、普通のやりかたでCDトレイを開けるんじゃなくてコマンドから開けるときってどういうとき?」

ナックス「コマンドから開けた方がカッコいいじゃないか!!」

デビー君「!!?」

ナックス「このコマンドはLinuxを使用し始めた初心者に教えて『Linuxすごい!!』と初心者に思わせるのが主な仕事のコマンドです」

デビー君「へー」

ナックス「私もそうすべきでしたが、このコマンドを教えるのをすっかり忘れてたよ……」

ナックス「次回!Linuxのコマンドからパソコンの電源を切る(56.Linuxをシャットダウンするコマンドhalt等)!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加