小説シンガー

ブーメランを上手く投げられたことが無い。

ブーメラン

日本からブーメランが飛んできた。フィンランドにいる俺はブーメランをキャッチした。ブーメランには手紙がついていた。

『このブーメランをキャッチした人には、必ず幸せが訪れる。絶対だ。今までどんなに辛いこと(例えば彼女にふられたとか。あぁ、ミサ、俺の元に返ってきてくれ!!)、苦しいこと(例えば受験に失敗したとか。あぁ、俺はいつまで受験生を続けるんだ!!)、悲しいこと(例えば、そろそろ家賃を払うお金もないとか。大屋さん。もうちょっと待ってくれてもいいだろう!!)があっても、このブーメランをキャッチしたことで、人生がバラ色に変化する。やればできる。おまえなら、必ず出来る。ミサよりももっと素敵な彼女が出来る!!来年は受験も成功さ!!宝くじがあたれば、家賃も払える!!さぁ、史上最高の幸福を、このブーメランをキャッチした者の手に!!』

もし俺がこのブーメランをキャッチしなければ、このブーメランはきっと日本まで戻り、このブーメランを投げた人自身がキャッチしたはずだ。

何をやってるんだ、日本人。

このエントリーをはてなブックマークに追加