株式投資ビギナー

もはや勝ちを確信したね。

5.バフェットさんの投資法の話。ROEが高くて消費者独占型起業の株を買え。

世界で一番投資で稼いだ人はウォーレン・バフェットさんという人です。昔の人じゃなくて、今も生きています。投資も今もやっています。

ウォーレン・バフェットさんの投資法については「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」っていう本に書いているので、これからファンダメンタルズ分析で株式投資をやろうっていう人はぜひこの本を買って読んでね。

ファンダメンタルズ分析の基本は、4.ファンダメンタルズ分析の基本。EPSを見ろ。で説明した通り、EPSが年々増えている企業の株を買えばいいんだけど、もう一つ大事なのがROEです。

ROE

ROEは企業の稼ぐ力のことで、ROEの数値が高いほど、その企業は稼ぐ力が高く、株価も上がりやすいという事になります。

しかし「EPSが段々と高くなってる株がいいよねー」とか「ROEが高い企業の方がいいよねー」っていうのはバフェットさんが発見したのではありません。

バフェットさんが発見したのは「『消費者独占型企業』の株を買えばいいんじゃん!ワシ天才!」っていうことです。

消費者独占型企業とは、消費者に対する独占力が強くて「価格決定権がその企業にあり、消費者はその企業以外の選択肢がない」的な企業です。

良く説明されるのは、大きな川の一本の橋です。この川は流れが強くて船で渡るのが不可能です。渡るにはこの橋を渡るしかありません。橋を渡るには通行料が必要ですが、消費者(お客さん)は通行料を言われた通りに払うしかありません。通行料が上がっても、お客さんは他に選択肢がないので、その通行料を払うでしょう。

みたいなね。

バフェットさんの投資で有名なのはコカ・コーラです。コカ・コーラはバフェットさんが買った当時ROEめっちゃ高かったけど、PERもめっちゃ高かったんだよね。

だからバフェットさん以外の投資家は「コカ・コーラROEいいけどPER高すぎだよねー」ってあんまりコカ・コーラに注目しなかったけど、バフェットさんはコカ・コーラ買い進めたんだよね。最終的にバフェットさんのコカ・コーラへの投資は大成功したんだよね。詳しい話は「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」っていう本読んでね。

コカ・コーラへの投資の成功要因のひとつに、コカ・コーラが消費者独占型企業だからっていうのがある。

例えばあなたがコンビニを起業しようとした場合、ドリンクとしてコカ・コーラを売らないっていう選択肢ある?だってお客さん多分、コカ・コーラ買いに来るよ。

例えばあなたが映画館を起業しようとした場合、ドリンクとしてコカ・コーラを売らないっていう選択肢ある?だってお客さん多分、コカ・コーラ買いに来るよ。

例えばあなたがドリンクの自動販売機を設置しようとした場合、ドリンクとしてコカ・コーラを売らないっていう選択肢ある?だってお客さん多分、コカ・コーラ買いに来るよ。

そう考えるとコカ・コーラ凄いよね。「とりあえずコカ・コーラは必要だな」っていうくらいにブランド力が浸透してる。しかも世界中に。これが消費者独占型企業の力だ!!

他にもディズニーランドとかにもバフェットさん投資してるけど納得だよね。納得できなきゃ本を読め。あと、アメリカンエキスプレスっていうクレジットカード会社にも投資してるよ。納得できなきゃ本を読め。本を読むのが嫌ならググりまくればその辺詳しく説明してくれてるサイトあると思う。

消費者独占型企業の特徴として、高いROEが何年も続く、とか自己資本率が高い(借金が少ない)とかがあるよ。あと、バフェットさんはIT企業には投資しないというモットーだよ(っていっても最近IBMに投資し始めたけど)。IT企業は最近興った業態だから、将来的にどうなるかわからないから、っていうのがその理由だよ。あとは、基本的にはBtoCつまり、一般消費者向けに商品やサービスを提供している企業の方がいいってさ。BtoB、つまり企業向けに商品やサービスを提供するよりも圧倒的に顧客数が多いからだと思うよ。ここらへんも詳しくは本読んでね。

ちなみにコカ・コーラのROEは大体30くらいだってさ。ROEって大体10もあれば「高めだね」って話だから、30って言ったらかなり凄いよ。

バフェットさんはアメリカ人だから、バフェットさんの株の真似をするには基本的に外国株を買う必要があるんだけど、日本人の私達にとっては外国株を買うと為替リスク、つまり円高、円安というのに投資成果が影響を受けるようになっちゃって、例えば「株価上がってるけどドル安でむしろ損しとるわ!」みたいなことが出てきて、ちょっと初心者向けじゃないよね。

もちろんバフェットさんのマネをしてバフェットさんの購入した株をそのまま自分も購入する、っていう手法をとっている投資家もいるんだけど、でも消費者独占型企業の日本の株を買えば為替リスク無く、バフェットさんみたいに大儲けできるんじゃない?なにこれ簡単じゃん!

消費者独占型企業の特徴は「上がり続けるEPS」「高いROE」「自己資本比率高い(借金少ない)」「価格決定権がその企業にある」「BtoC」「IT企業はやめておく」ここらへん押さえておけばいいんでしょ?ROEはコカ・コーラ見る限り30が理想で、消費者独占型企業見つけたらPERは少々高くても問題ないんでしょ?そんな企業を日本企業の中から探せばいいんでしょ?なにこれ簡単じゃん!

次回、6.日本株からバフェットさん型企業を見つける

このエントリーをはてなブックマークに追加