文学ファイター

この犯人は一人前のプロだな。

犯人

警部「もう逃げられんぞ!観念しろ!」

犯人「くっくっくっくっく……。お前のような素人が俺を捕まえられるとでも思っているのか?」

警部「俺を誰だと思っている。現場で20年以上働いてきたんだ。修羅場も何度かくぐり抜けてきた。貴様を逃すようなヘマはせんぞ!」

犯人「ちっちっち。あんたが何年の経験があろうが関係ない。今、この状況こそがお前の腕の無さを露呈しているんだよ。お前、一体誰の前に立っていると思っているんだ?」

はんにんまえ

このエントリーをはてなブックマークに追加