文学ファイター

あなた様は神様です。

欧米のフェア精神と日本の和製アンフェア精神

欧米の紳士たちはフェア精神をもっている。相手とは正々堂々と対峙する。自らを必要以上に卑下することはないし、相手を見下すこともない。

しかし、対して日本はアンフェア精神。自分を卑下し、相手を尊重する。そして、相手も自身を卑下し、こちら側を尊重してくれる。

ここからくるのは、サービス精神の質の違い。欧米では、フェアに客を扱い、チップをたくさんくれれば最高のサービスを。チップが少なければそれなりのサービスを。

対して、「お客様は神様です」精神の日本。金持ちにも貧乏人にも外国人にも障害者にも、常に全力でサービスする。

というわけで、日本人の旅館とか料亭とかのサービスの質は世界トップクラス。なので、ミシュランのレストランの格付けとかで日本が一番星を多くもらってる。これは、味だけじゃなくサービスの質も加味して採点されるからだそうな。

そもそもこういう記事を書こうと思ったのは、今日の朝日新聞に「中国人が日本のおもてなしの文化に感動した」とかいう記事が載ってたから。で、現地中国でその精神を教えているんだって。「『中国は反日感情があるから日本から取り入れたとは言わない方がいい』と言われますが、そんなこと気にせず、日本から取り入れたと言っています」って書いてあったよ。

あと、茶道の礼儀。お茶は元々中国から伝わったものだけど、茶道の礼儀作法を、中国は日本流を逆輸入しているらしい。

しかしですよ。西洋かぶれの日本人は最近、「俺とお前はフェアだから」みたいな。むしろ、目上の人に対してまで「俺とお前はフェアだから」みたいな。いやいや、確かにフェア精神も大事だけども、日本発のアンフェア精神も大事にしようぜ?

昔の中国人は書物にこう書き残してる。「最近の中国は昔の文化を蔑ろにして、中国の古代の文化財は全て日本にある」。

日本人の「和製アンフェア精神」という無形文化財が、今、日本から失われようとしてるよ。で、中国に残っちゃったりして、「最近の日本は昔の文化を蔑ろにして、日本の古代の文化財は全て中国にある」みたいな?

いや。まぁ、そうは言ってみたものの、日本製アンフェア精神が本当にこれからの世界に対してのスタンスとして正しいかどうかは分からないけどね。日本だけ自分を卑下して、相手がフェア精神で臨んだら、日本ばっかり損するからね。これからのグローバル社会では日本の昔からのやり方は通用しないかもしれない。悲しいけど、これが現実なのね……。

でも、やっぱり日本人として「相手を尊重する心」って言うのは忘れちゃ行けないと思うんだ。「すべての人間に最高のおもてなしを」。これこそが、日本の文化のスタンダードさ。さて、サービス精神旺盛の変態女子高生が丸裸で私に襲いかかりつつ最高のおもてなしをしてくれるのはイツダロウ。

このエントリーをはてなブックマークに追加