文学ファイター

人にやさしく。地球にやさしく。

地球にやさしい作文・活動報告コンテスト

読売新聞社主催2008 地球にやさしい作文・活動報告コンテスト 環境のためにひとりひとりができること。

「ミミズは土を元気にしてくれる。人間はどうだろう?」

ミミズは落ち葉を食べて、土に変えます。

その栄養いっぱいの土で植物は大きく育ってくれます。

これも立派なエコですね。

それに対して、私たち人間は地球のために何ができるだろう?

地球のために、今私たちができること

作文・活動報告部門 一般の部 応募作品

「『私なら脱がずにやってみせる』。野グソの無限の可能性と下半身露出の非合法性の解決」

このエントリーをはてなブックマークに追加