文学ファイター

緊張して胃が痛い。

もうすぐ内定式

むかーし昔、私が小学生2年生だった頃、先生が正しいお風呂の入り方を教えてくれた。

「お風呂に入る前にお湯をかぶると思うけど、心臓から遠いところからお湯をかけないと、いきなり心臓にお湯をかぶると心臓麻痺で死んでしまう場合があります」

それ以来今まで律儀にこの言いつけを守って、左胸は最後にお湯をかけているほどのノミの心臓を持つ私だけども、そんなビビリの私が今一番びびっているのが内定式である。

きちんと10月1日前には内定は手に入れてたんだけども、受かった会社はなぜか今週内定式をやる。10月1日なら、まだ皆と、「内定式ってどんなだろうね」と励ましあいながら受けられるワケだけども、こんな時期に内定式をやる企業なんてここくらいしかない。まわりの友達に取っては内定式なんか過ぎ去りし過去なワケだけども、私には眼前のオオカミなワケですよ。

そもそも、小さい企業なので、何人内定者がいるのか分からない。私一人だったら死ねる。どうやら、内定式後に懇親会もあるらしいのだが、飲み会って!しかも年上とって!俺敬語できねーよ!

内定式……自己紹介とかがあるのだろう。絶対に私が変人であるとバレてはいけない。ちくしょう、普通の自己紹介ってどんなだ?出身校と名前と趣味くらいを話しておけば良いのか?失礼なことをしたら内定取り消しとかあるんだろうか。

新環境に置かれると、僕は頑張るんだけども、逆にそれが原因でヘマをするとか言うことがよくあるので、目標は「頑張らない」ことだな。

「えーっとじゃあ、新入社員にこの会社に入ってからの目標でも聞いておこうかな」

「が、頑張らないことです!」

このエントリーをはてなブックマークに追加