文学ファイター

僕は神になりたい。

私は貝になりたい

私は貝になりたい。

そう願ったら、私は貝になった。

人間に捕まって、砂抜きされて、水を張ったお鍋に入れられて、弱火でコトコト出汁を取られた。

さらに、塩で味を調えられ、香りづけとしてお酒とお味噌汁を少量入れられ、最後に刻んだネギをトッピングされた。

「いただきまーす」と叫んだバカガキの口に入れられ、これでもかこれでもかと噛み砕かされ、私は死んだ。

二度と貝になりたくない。

このエントリーをはてなブックマークに追加