文学ファイター

お前は幸せな人間だな。

フラワーワールド

目の前に死神が現れた。
「どーも、こんにちは。死神です。そうそう、あんたさっき、車に轢かれて死んだから」

私は言った。
「無礼者!!例え私の肉体が滅びようとも、自由を求める崇高なる私の魂は死なないわ!!」

私に気圧されたのか、死神は私を一面に花が咲いている世界に案内してくれた。

「ここは天国?」

私が尋ねると、死神は、「いいや、ここはお前の頭の中さ」と応えた。

私は思わず叫んだ。
「ステキ!私、頭の中がお花畑だったのね!」

そのセリフを聞いて、死神なぜだか大爆笑。

このエントリーをはてなブックマークに追加