文学ファイター

力が欲しい。私に、女の子の目を見て喋れるだけの、恐るべき力が……!!

権力の変遷

昔、一番権力を持っていたのは神様でした。というわけで、神様とコミュニケーションが取れる教会は王様よりも権力が上でした。

しかし、教会の教えが怪しい!間違ってる!信じられない!というようなゴタゴタがあり、次に権力を持ったのが王様でした。昔に習ったので、あまり覚えていないんですが、確か騎士と教会の対立のバランサーとして王様の権力がのし上がったんでしたっけ?

しかし、世は戦争時代を迎え、騎士が力を持つようになりました。

戦争時代が収束すると、商業が発達し、今度は商人が力を持つようになりました。

と、このように歴史的に見て、権力の推移が段々と地位の低い者へ移っていくのが解ると思います。

この事実に気づいたマルクスさんは考えます。「ということは、次の時代は商人の下の地位にいる者。つまり、農民たち(労働者)の時代がくるんじゃね?」

そこで発表したのが、社会主義。農民たちのための世界。商人たちの権力の時代は終わり、富は一部の有力な商人たちの下に集まるのではなく、皆に平等に分配されるのだ。これこそが地上の楽園。

この論を聞き、世界中が、「あぁ、言われてみれば確かにそうかも!」と納得し、ついには社会主義国が登場しました。

マルクスさんに言わせれば、「ちょっとお前ら先取りしすぎ!俺はちゃんと『経済が成熟した国において』って言ったじゃねぇか!」というところでしょう。

私たちは現在資本主義国家にいます。商人の力が強いか?強いです。大企業が、政府要人と密接につながっています。いざなぎ景気というのがちょっと前にあって、景気が良かったという話がありましたが、我々一般市民には全然実感がありませんでした。そうです。いざなぎ景気の恩恵を受けたのが、大企業のお偉いさんだけだったからです。富は、一部の有力な商人たちの下に集まっているのです。

しかし、権力の推移は確実に、地位が低い者たちへと移ってきています。そう。インターネットの登場です。

情報を支配できる者は強いです。情報を駆使すれば、人間の洗脳なんて簡単です。ヒトラーさんは情報を駆使して『ヒトラーの逆十字ブランド』を確立し、「かっこいいドイツ人」を演出することで国民の支持を得ました。

日本は大戦時、戦争で負けているときでさえ、「日本、勝ちまくり!」という情報を流して、天皇が終戦発表のラジオを流すという話があったとき、ラジオを聞くまで、「日本の勝利宣言だ」と思っていた人がいるそうです。

昔の新聞。また、その後のテレビの登場で、情報社会は大きく進化しました。そんな中、当時叫ばれていたのが「皆がテレビで同じ番組しか見ないから、画一的な意見をもった人間しか出ない」です。

テレビで野球の試合があれば、次の日、皆は学校や職場で野球の話で盛り上がり、テレビでドラマがあれば、次の日、皆は学校や職場でドラマの話で盛り上がる。

テレビが右を向けと言えば、国民は右を向き、テレビが左を向けと言えば、国民は左を向いていました。

そう。テレビこそ、良かれ悪しかれ世界を牛耳る裏の権力。

そんな閉塞された(?)時代の中、さっそうと現れたのがインターネットでした。インターネットを駆使すれば、個人が自由に自分の考えを公に公開できるようになりました。その後の発展は皆さんもご存知のとおり。相対的にテレビの影響力は下がっています。

というわけで、今や個人個人の意見は雑種多様。テレビが右を向けといわれたら、右を向く人も下を向く人も上を向く人も目をつぶる人もいます。ネットで誰かが歌ってくれというと、歌う人と叫ぶ人と無視する人と睨む人がいます。

テレビの情報を信じる人もネットの情報を信じる人も新聞の情報を信じる人も雑誌の情報を信じる人もいます。

我々は、ネットのおかげで情報を受信するだけでなく、情報を発信できるようにもなりました。我々は、エロ情報をゲットしつつ高尚な情報を発信することが出きるようになったのです。ありがとう。

さて、今や、世界中が国会議事堂です。我々の誰かがどこかで常に政治について、経済について、文化について、エロについて、日夜、高尚で激しい議論をしています。

そう。社会主義は初期に考えられていた形態とは異なる形で実現されつつあるのです。ネット越しであれば、ブスだろうがバカだろうが少数派だろうが貧乏だろうが変態だろうが誰の意見も平等に聞かれます。問題はその人が誰であるかではなく、その発言の中身がどのようなモノであるかということです。権力(世界への発言力・影響力)がより、薄く広くひろがってきているのです。

そして、我々の世界は現在、監視社会になりつつあります。昔の社会主義の監視社会と言えば「我々の理想となる社会主義の悪口を言っている人はいないか」でしたが、現在の監視社会は文字通り、「犯罪行為をブログなどに告白していないか。動物虐待の画像をアップロードしていないか」などです。いや、ほんとにもうマジで社会主義っぽくなってきつつあるのです。

つまり、マルクスの予言が正しかったのです。ということはですよ。監視社会の発生による犯罪の抑止力、つまり、人類みな警察、そして、権力は最終的には最下層の地位にいる者、すなわち、常に主従関係の従の立場にいる者の時代が来るということを合わせて考えると――。

次は、ワンワンの時代がくると思う。皆、今から犬語の勉強をしとけワン。

このエントリーをはてなブックマークに追加