文学ファイター

神様は言いました。「俺、神様なんかじゃないっすよ」。人々はそれを聞いて『なんて謙虚な神様だろう』と思いました。

宗教

日本人の自殺率が高いのは、無条件に信じられるものが無いからだと思う。

アメリカ人は「自分は神に守られてる」と思っているそうな。だから戦争の時もあんなに強いんだねー。

日本人が世界大戦当時、最終的に敗北したにせよあれだけ暴れ回れたのは「天皇」という無条件に信じられるモノがあったからだと思う。

なんせ、他の国と違って「『天皇』という神様が実在している国」だったから、神のために何でも出来たんだと思う。

でも、天皇さんがあれだけ強烈に「神」として存在していた時期は実は短くて、それ以前は日本人は「仏教」とか「キリスト教」とかを自由に信仰していたんだってさ。

ただ、他の国と違って日本が特異だったのは、家族内で宗教が違うっていうことが平然と存在していたんだってさ。

例えば、父が真言宗で母がキリスト教で兄が曹洞宗で妹が臨済宗とかいうことがごくごくフツーにあったんだって。

戦争後、天皇さんが「私は人間である」って人間宣言をした後は、日本人は神様をなくした。日本人の多くが無宗教だ。

やっぱさー。自殺とか考えると、死後のことも考えると思うんだよね。で、キリスト教やらイスラム教だと、多分神様は「自殺しちゃダメでがんす!!」って怒ると思うんだよね。自殺した人に対して。

仏教もよく知らないけど、多分自殺には反対してると思うんだ。

でもさ。無宗教の日本人にとっては、自殺しても、死後、神様に怒られる、っていう概念が無いと思うんだよね。

せいぜい、日本人共通の死後世界のイメージって言えば三途の川とか、嘘つきは閻魔さまに舌を抜かれるとかその程度だと思うんだよね。考えてみれば、日本に「強烈に自殺を反対している宗教」ってないよね。

最近、宗教は怪しいって言うイメージが定着しちゃってると思うんだ。実際怪しいのが多いけども。でもね。自殺を防ぐもっとも簡単な手段は、やっぱり無条件で信じられる何か=神様が必要だと思うんだよね。

そこでさ。昔の神様を信じていた時代。天皇様よりもっと昔の時代、八百万(やおよろず)の神様がいた時代に日本は戻るべきだと思うんだよ。

神様がそこら中にいて、なおかつ、誰にも信仰を強制されない世界。それが理想だと思うんだよね。

でもね。今、日本の神様のほとんどが死んじゃってるよね。いや、死んでいるっていうのは不謹慎な言い方だけど、昔から信仰されてきた神様が、今、現代に生きていない。誰も知らない、昔の神様を。

そこでね。これから日本は自殺予防の政策として「神様創設百カ年計画」を立てるべきだと思うんだよ。現代に生きる私たちのほとんどは、神様を信じていない。今から、「信じなさい!」って言われても、ちょっと信じられない。

でも、これから生まれてくる子供や孫たちに、「神様」を信じさせることはできると思うんだ。子供は純真だからすぐに神様を信じると思うんだよね。で、今、幸か不幸か「オタクブーム」だよね?マンガ、アニメ――つまり、想像の世界が大ブームなわけ。

つまり、今、この日、この時に新しい宗教を作ろうぜ?ドラゴンボール教でもハルヒ教でもニート教でもぬいぐるみ教でもスイーツ教でもいいからさ。別に、キリスト教とかイスラム教とか仏教とか言う重々しい宗教じゃなくていいんだ。さくっと軽ーい宗教を作ったらさ、入信も脱退もしやすいじゃん。なんだろう。もう、子供たちに夏休みの宿題で「はい、皆さん。夏休み中に新しい宗教を作ること!」くらいのノリで宗教を考えてもいいと思うんだよね。

で、それくらい大量に宗教を作って、百年後くらいには、質の良い宗教だけが残ってると思うんだ。しかも、イスラム教とかキリスト教とか仏教とかいう重々しいモノじゃなくて、もっと軽い、もしかして宗教とは別の概念になってしまってるかもしれない「何か」が。

で、日本人は毎朝、テレビの神様占いでチェックするんだ。「今日のニート教はサイアク〜。意中のあの人に嫌われてしまうかも!ラッキーアイテムは求人情報誌!今日の最高運勢はスイーツ教!!モテカワスリムのいけてる人間になれちゃうぞ!さぁ、今日も皆、神様に祈ろう!!よい一日を〜!!」みたいな。

で、それを聞いた姉が、「じゃあ、私、ニート教やめてスイーツ教になるー!!」みたいな軽いノリで信仰宗教を変えるの。もちろん、神様のマスコット人形とかも売られてる。お経が携帯電話の着信メロディになっていたりする。もちろん、「ハルヒ教」とかいう宗教の同人雑誌っぽいのが売られている。今よりも神様という存在がより身近になって、「今自殺したら、死んだ後、小倉優子神さまにキスしてもらえない……」とかいう理由で自殺者が減る。

そう。宗教は血液型占いみたいなノリになるんだ。自殺も減り、心の拠り所もでき、みんな幸せ。

まぁ、私は血液型占いが大っ嫌いなので、「占い信じない教」に入信して、「今日、運勢が最悪なのは、『占い信じない教』!いい加減に占いを信じないと、運勢もついてこないぞ!」って、理不尽にいつも最低の占い結果になって、それに憤慨する130歳、独身。で、そんな人生に嫌気がさして自殺しちゃったりするの。ダメじゃん。

このエントリーをはてなブックマークに追加