文学ファイター

痛い人間はお嫌いですか?

私は痛い人間だけど、普通のおっさんの皮を毎日一枚ずつ着させられてる

皆さんは色んなブログとか見ますか?見るよね?見よう。私も見ます。なぜなら基本、他人に会わず家で引きこもっているからです。

皆さんはどんなブログが好きですか?私は、痛い人間が書くブログが大好きです。

痛いって言うのは、つまり少し空気が読めていない感。変人感。独特な思考感。そんなものがほのかに文章の行間から香ってくる、そんなブログが大好きです。

例えば、最近私は東大卒女性のブログを読んでいます。凄いです。「こいつ、頭の良さが文章からにじみ出てるけど、周りの一般人をもの凄く見下している上に、本人はそれにあまり気づいていない。性格は私と絶対に合わない。なんて魅力的なんだ!」とニヤニヤしながら読んでます。私は変態ですね。

他には、独自の世界観を持つ男性のブログを読んでいます。文章が独特過ぎて、何か知的な事を書いているのですが、それが真に知的な事を書いているのか、それともただの男性の思い込みなのかが分かりません。でも、面白い。すごく。

で、これは私の思い込みなのですが、皆も痛い人の書くブログが好きです。そうに決まってる。あの不思議な魅力に抗える人がいるはずがない。

私は私自身の事を痛い人間だと思っています。空気読めないし。現実が見えてないし。皆さんも、たまに昔の自分の恥ずかしい失敗などを唐突に思い出して「ふぁああぁあぁ!!ぐおぉぉぉおおおおぉ!!」と思ったりすると思いますが、私は現在進行形で、2年後くらいに思い出すと「ふぁああぁあぁ!!ぐおぉぉぉおおおおぉ!!」と思いだしたりするであろうものを量産しています。

なので、私は私が大好きです。私は「なんて私は痛い奴なんだろう」といつもニヤニヤしながら私を観察しています。

しかし、私は最近、毎日会社に行くことで「普通のおっさん」という皮を一枚着させられています。根っこの部分は痛い子なのに、表面的に普通のおっさん化してきています。

ちゃうやん。それはお前の魅力が消えているやん。と、私は私自身について思います。お前、入社一年目にお昼ご飯に板チョコを選ぶ子やったやん。それ一枚をバリバリ食ってお昼済ます子やったやん。

社会性を身につけるってことは、平準化した人間になるってことで、つまり、つまらない人間になることだと思う。魅力的な痛い人間、というのは、ある程度突き抜けていないと、簡単にただの一般人になってしまうと思う。

テレビ番組には色々な痛い人や空気が読めない人がいるけど、彼らはそれが魅力だからテレビに出てる。彼らは健全な痛い人だ。

でも、ネット動画だと、健全な人による健全なフィルタリングがされていないから、たまに、クソ野郎な痛い人がいたりする。要するに、嫌悪感を伴う痛い人だ。

私が最初に挙げた二つのブログは、健全な痛い子だ。東大卒女性は、決して他人を見下そうと思って見下しているのではない。天然で見下しているのだ。天然っ子なのだ。それが彼女だ。萌えますね。男性の方は、彼は周りの人の知識を啓蒙しているのだ。より正しい知識を与えようと努力しているのだ。つまり、彼らは決して悪いことをしている奴らじゃない。

翻って、嫌悪感を抱く痛い奴ら。例えば、犯罪自慢とか、親の金盗んだとか、生活保護最高とか、子猫殺したとか。こういう奴等は最悪。ブログ読んだり、動画見たりしても、負の感情しか残らない。

奴等に足りないのは何だ!?そう。一般常識だ!!奴等は、学校や会社で「普通の兄さん」や「普通のおっさん」の皮をかぶりつづけて、5000枚くらいかぶったところで、ようやくクソ野郎ではなくなるだろう。

今思い返すと、私も入社当初は魅力的な痛い奴じゃなくて、クソ野郎な痛い奴だったかもしれない。自分自身のことだから気づかなかっただけで。

まとめると、一般常識は大切だから、私はこれからも「普通のおっさん」の皮をかぶりつづけて、クソ野郎な痛い奴ではなく、魅力的な痛い奴を目指します、って話です……。分かる、分かるよ。「え?そんなまとめ?まだあんまり文章全体を咀嚼できてなくね?もうちょっとなんか言いたいことが色々ありそうな気がするよ?」って思ってるんだろ?あれだよ。面倒くさくなったんだよ。普通のおっさんは突如面倒くさくなって考えることをやめたりするんだよ。「普通のおっさん特権」っていうのがあるんだよ。文句あるなら私が着てる普通のおっさんの皮を何枚か剥がしてくれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加