文学ファイター

ごめん。今ちょっと天罰くだしてるから、10分後にまた来てくれる?

目上の方への話し掛け方

社会に出ると、目上の方へ話し掛け無ければならない状況がある。私なんて未だに分からない事だらけなのでしょっちゅう上司に質問のために話しかけてる。

話し方には、基本形式がある。基本的に、こう話しかければ大丈夫だよね、というものだ。それがこれだ。

「部長、お忙しい所申し訳ございません。今ちょっとお時間よろしいでしょうか?」

これだ。これさえできれば、相手に失礼無く話しかけることができるのだ。

「おぉ、部長よ――!!私の声が聞こえますか……?」

とか話しかけたとしたら、相手に失礼どころか「フザケているんじゃねぇ!!」とぶん殴られる。

すなわち

「神様、お忙しい所申し訳ございません。今ちょっとお時間よろしいでしょうか?」

と神様に話しかけるのが本物の預言者であり、

「おぉ、神よ――!!私の声が聞こえますか……?」

などと神様に話しかける預言者は偽者であることは一般常識で考えれば容易に推察できる。

さらに付け加えるならば

「分かりました。では、10分後にもう一度伺います」

と、神様の忙しさに気を回せる預言者こそ、真のビジネス預言者。

このエントリーをはてなブックマークに追加