文学ファイター

私は今「あいぶ さ期」真っ盛りです。

人生迷走中

こんにちは。お元気ですか?私は相変わらず人生迷走中です。私はこれからどうやって生きていくべきなのか。人生って何?

このように色々な事について哲学しだす時期のことを一般的になんと言うか知っていますか?

そう。思春期です。見た目おじさんなのに思春期です。

思春期は冗談だとしても、一般的に「新入社員は三年で会社を辞める」って言われているという事は、社会人三年目が一般的に丁度人生について悩みだす頃なんじゃないのか?年齢にかかわらず。

つまり、思春期は生物学的に色々なことに関して哲学する時期だけど、社会人三年目は外的要因――つまり、社会的に必要に迫られて人生について悩みだす時期なんじゃないかと。そして、この現象に関して、まだ明確な名前を付けられていないことから、私が名前をつけても構わないんじゃないかと。命名「あいぶ さ期」。

やっぱり社会人三年目になると皆悩みだすんですよ。そして悩んだ結果、転職する人、旅に出る人、ギャンブルに手を出す人、失踪する人、宗教にハマる人、SMクラブに通いだす人、色々いるわけじゃん。なんか皆人生に悩むことに関して格好悪いと思ってないか?皆もっと悩んでいいと思うんだよね。人生について。大人になったからと言って、人生に悩んでいけないわけではないし。もっと皆、転職したり、失踪したり、SMクラブに通いだしたりすべきなんだよ。

っていうかさぁ。思春期って高校生位の頃じゃん。まだ社会に出てないじゃん。人生準備期間じゃん。社会に出てない時にあれだけ哲学しておいて、いざ社会に出てみると人生について悩まないとかあるの?なんなの皆?社会に出てるんっすよ?人生本番っすよ?もう人生まっさかりっすよ?何も考えずにそのまま生きると、それがそのままあなたの人生っすよ。その生き方で良いんっすか?

もっと人生についてビクビクしろよ!キョドれよ!ガタガタ震えろよ!泣けよ!どの生き方が正解か、無限のルートから探す、そんな高難度人生ゲームに絶望しろよ!

それを何みんな「はいはい、人生、人生」みたいなノリで軽く受け流してるの?「私、人生そこそこ生きれています」とかいう顔してるの?何お前?人生初心者じゃないの?二度目?お前、一度死んで蘇った?キリスト?お前キリストか?

ところで私は「"神様は信じないよ流""死後の世界は軽く信じてるよ属""でも、お地蔵様とかご神木が傷つけられたとかいう話を聞くと、なんかムカムカするよ派"」に属しているのですが、皆さんはどの流派に属していますか?

やはり、神様を信じていない人が多い日本ですから、死後の世界を信じていない人も多いのでしょうか……。私も神様は信じてないですが軽く死後の世界を信じています。

私が信じる死後の世界は、天国とか地獄とかじゃなくて、今の世界みたいなのが、多分死後の世界でも続く、と考えています。普通に、先に死んだおじいちゃんとかおばあちゃんとかと死後の世界で再会して、この世界と同じように普通に家に住んで、普通に日常を送る。みたいなイメージ。

でも、軽くしか信じてないから「仕事とか学校はあるの?」とか「やっぱり物々交換はお金でやるの?」とかいう細かいことは考えてない……。

でも、そこそこ本気で上記死後の世界を信じてる。上記考えの人は少数派かもしれないけど、私以外にも結構いるんじゃないかな、と思うのだけど、いない?

「人生は死ぬまでの大いなる暇つぶし」っていう有名な言葉があって、これを信条にしている人もいると思う。

でも、死後の世界をそこそこ信じている私の信条は「人生は生きている間の思い出作り」と考えている。わかりやすく言い換えると、「人生は『冥土の土産話』作りのためのもの」。

私がプログラマーになったのは、単純にプログラマーになってみたかった、っていうのが理由だけど、死後の世界で誰かに「俺、生きてる時にプログラマーだったことがあるんだぜ!?」って自慢したかった、っていう理由も15パーセントくらいある。

私の人生の価値観は、死後の世界でどれだけ私が生きている間の思い出話(面白話、自慢話、悲惨な話)を話せるか。

正直、プログラマーになったのは本当に「なってみたかった」だけで、こんなにしっかり働くことになるとは思わなかったよ。このまま働くことになると、死後で誰かにあったら「プログラマーとしてしっかり働いてやったぜ!?」しか人に話すことがない……。もっと生きてる間の思い出を作らなければ……。

と思って、転職先も決めずに会社やめようとしたら、もっと人生についてきちんと考えたほうがいいよ、と言われた。

あぁ!知ってるさ!今の不況期、転職先も決めずに辞めたら二度と就職できない可能性があるってな!!でも、転職先決めて転職したらまた、いつもの家と会社を往復するだけの人生がリスタートするだけだよ!私は一旦休憩したいんだよ!スゴロクにもあるじゃない!「一回休み」!

そもそもまっとうな人生を送ったほうがいいよって言う人は「まっとうな人生を送れば、多分結婚とかもできるしそこそこ幸せな人生を送れそう」な人がそういうアドバイスするじゃないですか。

そりゃ、まっとうな人はまっとうな人生送ればいいけど、私だよ!?何を隠そうあの私だよ!?書いた文章だけ見るとまともなにのね、って言われるあの私だよ!?あの私がまっとうな人生を送って結婚できると思う!?まっとうな人生を送ってそこそこ幸せな人生を送れると思う!?

まっとうな人生っていうのは、マイナスがほとんどない人生、ってことで、プラスが保証されてるわけじゃないんだよ。

しかも、私のことだから多分プラスもほとんど無くて「マイナスがほとんど無いだけの平坦な人生」で人生が終わっちゃうよ。それのどこに「人生の思い出話」を作れるスキがあるの?

もっと人生に抵抗させてよ!レジスタンスさせてよ!目的なく会社をやめさせてよ!そしてフリーターにでもなるよ!適当に生きるよ!思い出をつくる手っ取り早い方法っていうのは、思うままに生きてみる事だと思うよ!好きに生きるよ!そして死ぬよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加